• 企画展一覧
  • いわき市内に避難している浪江町民の健康調査支援事業

いわき市内に避難している浪江町民の健康調査支援事業

2017/10/17

 福島第一原発事故による放射線の影響で浪江町は全町避難を余儀なくされました。福島県外に避難した町民も多くいましたが、県内においても避難先は各地に分散しました。仮設の町役場は内陸部の二本松市に設置されましたが、沿岸部のいわき市に避難した町民も多くいました。いわき市内には浪江町の仮設住宅はなく、住民は市内に分散した借り上げ住宅などで避難生活を送っていたので、行政サービスや保健サービスが十分に行きわたらず、また住民同士が集う場も少なく、孤立しやすい状態となっていました。浪江町民の避難の状況については、こちらを参照して下さい。

 浪江町からの依頼を受け、日本赤十字社(以下、日赤)と日本赤十字看護大学(以下、看護大学)は、全国の赤十字病院や看護大学から看護師・保健師などを派遣して、いわき市に避難している浪江町民を訪問して聞き取りを行う健康調査支援事業を共同で行ってきました。これまで前例のない取り組みのため、立ち上げから手探りでスタートした事業でしたが、行政や地域の関係者の協力を得て活動を進めてきました。2012年10月の事業開始から2017年3月まで4年半におよぶこれまでの活動について紹介します。

※ 借り上げ住宅:県が民間の賃貸住宅などを借り上げて避難住民に提供する。避難先に分散して所在することが多く、仮設住宅の集会所のような住民が集まれる場所もない。

浪江町民の健康調査支援事業の概要


 日赤と看護大学は、いわき市に避難した住民への保健サービスの提供に関する共同研究を厚生労働省科学研究により行いましたが、研究の中で把握した住民の状況を深刻に受け止め、住民への支援のあり方を検討していました。その過程で浪江町から支援の要請がありました。浪江町は、いわき市内にも多くの町民が避難しており様々な健康問題が生じる可能性がありました。
 日赤と看護大学は、町民の健康状態を把握し保健医療サービスにつなげていくための「健康調査支援事業」を、浪江町や関係する保健福祉機関と共同で行いました。本活動は、家庭訪問や電話を通して聞き取りを行う「健康見守り調査活動」と、町民が参加して町民どうしの交流の場を提供する「サロン活動」があります。本事業の内容については、「浪江町民の健康調査支援事業の概要」のページもあわせてご覧ください。

浪江町民の健康調査支援事業の特徴


 本事業は日赤や看護大学にとっても初めて取り組む事業であり、事業を立ち上げ実施して行くにあたって検討や工夫が必要でした。
 本事業は、日赤と看護大学との共同事業として行われました。このため、両組織間の役割分担を決め、いわき市に設置する現地事務所の組織、人員構成や運営についての検討を行いました。現地事務所には事務職員や非常勤の看護師が常駐し、これに日赤の全国の赤十字病院から派遣された看護師などが参加しました。活動期間中、50か所の病院から延べ79名が派遣されました。東京の日赤本社や看護大学は現地事務所と緊密に連絡を行うとともに、必要に応じて職員、教員が現地を訪問し運営にあたりました。
 また活動をスムーズに行い、長期間にわたって継続可能とするために、地域の関係する組織との連携にも工夫しました。浪江町をはじめ、福島県相双保健福祉事務所、ふくしま心のケアセンターと定期的に情報の共有を行って、支援が必要な住民への対応につなげました。
 詳細については、「浪江町民の健康調査支援事業の特徴」のページもあわせてご覧下さい。

浪江町民の健康調査支援事業の活動内容の紹介


 本事業は、町民から聞き取りを行い健康状態を把握する「健康見守り調査」活動から始めました。ただ調査するということではなく、「語りを聞く」を実践することに心がけました。当初はなかなかお話をしていただけなかった方も訪問回数をかさねることで、徐々に心を開いて様々なお話をしていただけるようになった方もいました。
 2013年からは、町民の皆さんに参加していただく場を提供する「サロン活動」を、「日赤なみえ保健室」で始めました。町民の皆さんへのニーズ調査のデータから、「ママさんサロン」「写経」などを開催し、多くの皆さんに参加いただきました。
 活動内容の詳細については、「浪江町民の健康調査支援事業の活動内容」のページも併せてご覧下さい。

浪江町民の健康調査支援事業報告書


 日赤と看護大学では、本事業の発足の経緯から立ち上げの経緯とそのプロセス、各関係機関との連携の仕方、活動の実態と調査結果などをまとめた事業報告書を作成しています。また、町民を対象に行った健康状態と支援ニーズに関する調査結果についてもまとめました。これらの報告書が災害時の赤十字の中長期支援の在り方や、そこでの看護職の活動について検討するための基礎資料として役立つことを狙い、本デジタルアーカイブでも公開しています。
 これらの報告書は、「事業報告書」のページからダウンロードできます。

浪江町民の健康調査支援事業に関わった人の声


 今回の事業は、日赤や看護大学の職員に加え全国の赤十字病院から派遣された看護師が活動に参加しましたが、被災者である浪江町の皆さんや、それらの方々を支援した方々、各関係機関など多くの方々が関わって実施することができました。浪江町の馬場町長を始め浪江町の職員、いわき市に避難している浪江町民、各関係機関の職員、日赤なみえ保健室のスタッフ、事業立ち上げに関わった日赤や看護大学の関係者にお話を伺いました。
 これらの皆さんのお話は、「事業に関わった人の声」のページをご覧下さい。

浪江町民の健康調査支援事業を振り返って



守田教授

内木准教授

 4年半にわたる支援事業を、日本赤十字看護大学側の事業担当者として推進してきた守田教授、内木准教授に、今回の支援活動を以下の特徴に沿って振り返ってもらいました。

  • 事業目的を遂行するための組織の特性とネットワークの形成
  • 浪江保健室の健康支援活動-語りを聞く訪問活動の意義
  • 保健室運営における課題
  • 中長期におけるケア支援と赤十字看護職の派遣
  • サロン運営とその意義
  • 健康調査-4年半の追跡
  • 今後の課題-語り継ぐこと

「いわき市内に避難している浪江町民の健康調査支援事業を振り返って」[PDF]

関連情報


浪江支援ニュースNo1~16号 [PDF](看護大学)
日本赤十字看護大学と日本赤十字社看護部との協働活動報告 [PDF](看護大学)
なみえ町民健康支援活動(看護大学)
原子力被災自治体における住民意向調査(復興庁)
浪江町ホームページ
震災・原発事故からの復興(浪江町)
住民意向調査・アンケート(浪江町)
福島県浪江町~大震災と原発事故から5年間の歩み~(浪江町)