浪江町民の健康調査支援事業報告書

2017/10/17

 日本赤十字社(日赤)と日本赤十字看護大学(看護大学)では、浪江町民の健康調査支援事業の活動内容と調査内容をまとめた、事業報告書を作成しています。事業報告書は、第Ⅰ部:健康支援活動の組織と運営と、第Ⅱ部:健康と支援ニーズに関する調査結果で構成されています。
 「健康支援活動の組織と運営」は、第1次活動(2012年10月~2013年9月)の報告書に、第2次(2013年10月~2014年9月)、第3次(2014年10月~2015年9月)、第4次(2015年10月~2016年9月)、第5次(2016年10月~2017年3月)の各年次の活動内容や調査結果を加えて作成されています。
 また、「健康と支援ニーズに関する調査結果」は、同意が得られた住民を対象に看護大学が作成したアンケート用紙を使って、借り上げ住宅での生活は人々の健康や意識にどのような影響を及ぼしているのかの調査結果をまとめたものです。

 現在、第1次から第3次までの「健康調査支援活動の組織と運営」および、第1次の「健康と支援ニーズに関する調査結果」が公開されていて、各報告書は以下のリンクからダウンロードできます。
(これらの年次以降の報告書は現在作成中であり、準備でき次第公開の予定です。)

第Ⅰ部 健康調査支援活動の組織と運営 [PDF]
事業の立ち上げの経緯や、2012年10月から2015年9月までの活動内容、調査結果について記載されています。

第Ⅱ部 健康と支援ニーズに関する調査結果(第1次)[PDF]
2012年10月から2013年9月に行われた健康とニーズに関する調査結果がまとめられています。