生活再建事業

2019/05/21

地区・分区および赤十字奉仕団による復興支援活動


被災者が心身ともに健康で明るい生活を少しでも取り戻せるよう、地区・分区職員や赤十字奉仕団員が仮設住宅などを訪問し、自分たちでできる住民参加型の活動を行い、被災者やコミュニティの活性化を支援しています。

本事業は、2011年度から開始され、2016および2017年度も実施され、現在も継続されています。地区・分区および奉仕団単位で、パッチワーク教室・手芸教室・健康教室・料理教室・炊き出し訓練などのイベントの実施や、花いっぱい運動など自分たちでできる活動を展開しています。また、2016年度からは地域防災力の強化に向けた基盤整備の一環として、地区・分区事務局の要望を踏まえ、移動炊飯釜やテントなどの災害救護資機材の整備を進めています。

今後は、こうした資機材を活用し、地域の赤十字奉仕団の協力により、災害時には避難所にもなり得る学校における炊き出し訓練も推進していくこととしています。

開催実績

2016年度および2017年度の活動実績を一覧表にまとめました。
2016年度地区・分区および奉仕団活動実績 [PDF]
2017年度地区・分区および奉仕団活動実績 [PDF]

年度毎の活動実績は奉仕団が行う被災者支援活動資金申請を元に作成しておりますので、奉仕団が行った全ての被災者支援活動を把握しているものではありません。