現地視察2日目

相馬市・伊達市(視察2日目)

相馬市原釜漁港では、津波被害を受けた港や施設の復旧作業が今も続いています。福島第一原発事故により汚染水が海に流出したことが原因で、漁業の自粛を余儀なくされました。現在は、魚種を限定した小規模な操業と販売を試験的に実施する「試験操業」を行いながら、漁業復興への取り組みを進めています。漁協の組合長から、試験操業の状況についてお話を伺いました。
移動中の車内では、大学生のボランティアから福島の食品に対する風評被害や食の安全について説明がありました。地元のジャージー牧場が運営するアイスクリーム店も風評被害にあったお店の一つです。国際赤十字の参加者も、そのお店で実際にアイスクリームを楽しみました。

  1. 視察1日目
  2. 視察2日目
  3. 浪江町・飯舘村
  4. 相馬市・伊達市|
  5. 福島市
  6. 学ボラの活動

視察ギャラリー


  • 修復された漁港施設から見た港|遠くには再建された真新しい防波堤も見える
  • 試験操業について説明する原釜漁業協同組合長
  • 組合長の説明を聞く国際赤十字の参加者|漁民の生活や漁業再開に向けた状況などについて説明を受ける
  • 福島市内の学生ボランティアと参加者
  • 漁港で話をする参加者
  • 伊達市内のアイスクリーム店|ジャージー牛乳のアイスクリームを楽しむ参加者

  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル