現地視察2日目

福島市(視察2日目)

最後に、福島市の中心部に近い「笹谷東部応急仮設住宅」に向かいました。こちらの仮設住宅では、浪江町民が避難生活を送っています。集会所では自治会の副会長の方から、避難や仮設住宅での生活の状況、将来への思いなどを聞きました。参加者は被災された方々の生の声に熱心に耳を傾け、活発な質疑応答も繰り広げられました。今回は住民の方のご協力もあり、仮設住宅内に入れていただき、実際に生活されている様子や、日赤が寄贈した生活家電6点セットなども視察しました。

視察ギャラリー


笹谷東部応急仮設住宅に到着した国際赤十字の参加者

笹谷東部応急仮設住宅自治会の皆さんと参加者

今後に対する思いなどを説明する自治会の副会長

メモを取りながら真剣に説明を聞く参加者

活発な質疑応答

阪神淡路大震災の時に使用された資材で作られた仮設住宅

実際に住んでいる方のお宅を訪問

  • 笹谷東部応急仮設住宅に到着した国際赤十字の参加者
  • 集会場|笹谷東部応急仮設住宅自治会の皆さんと参加者
  • 集会場|避難や仮設住宅での生活、今後に対する思いなどを説明する自治会の副会長
  • 集会場|メモを取りながら真剣に説明を聞く参加者
  • 集会場|仮設住宅での生活、子供たちの学校、浪江町に残してきた自宅などについて活発な質疑応答が行われた
  • 外観|笹谷東部応急仮設住宅には阪神淡路大震災の時に使用された資材が再利用されている
  • 外観|実際に住んでいる方のお宅を訪問し直接お話を聞くこともできた

  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル