これまでに起こったこと

福島第一原子力発電所事故や過去に起きた国内外の原子力災害に関しての情報、原子力災害における対応の記録などの情報を掲載したサイトおよびページの一覧です。

福島第一原発事故について

福島第一原発事故に関する報告書が掲載されているサイト・ページです。

国会事故調 報告書 (国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会, 2012)
国会に設立された独立した調査機関の報告書です。(現在は国立国会図書館のアーカイブで公開されています。)
政府事故調報告書 (東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会, 2012)
内閣官房が委員会の活動記録や政府事故調査・検証委員会報告書について公開しているページです。
学会事故調報告書 (東京電力福島第一原子力発電所事故に関する調査委員会)
(一般財団法人 日本原子力学会, 2013)
事故と原子力災害の実態を科学的・専門的視点から分析し、安全の考え方の提言を目的とした調査委員会です。
福島第一原発事故と4つの事故調査委員会 - 調査と情報 No.756 – (国立国会図書館, 2012)
国会、政府、東電、民間の4つの事故調査報告書の内容を比較した調査資料です。[PDF]
福島第一原発事故とその影響 - 調査と情報 No.718 – (国立国会図書館, 2011)
福島第一原発事故の概要と原子力安全の課題や放射性物質による食品被害に関する調査資料です。[PDF]
わかりやすいプロジェクト 国会事故調編
国会事故調に関わったメンバーが中心となり、報告書の内容をわかりやすく発信している団体のサイトです。
原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書について (経済産業省, 2011)
国際原子力機関に対する日本国政府の追加報告書 (第2報) (経済産業省, 2011)
日本国政府が、原子力安全に関するIAEA閣僚会議に報告した「東京電力株式会社福島原子力発電所の事故について」が掲載されているページです。2011年6月と9月に報告されています。
福島第一原子力発電所事故の概要・分析・報告 (一般財団法人 日本原子力文化財団)
福島第一原発事故に関する客観的な事実や現段階で明らかとなっている情報を掲載しているページです。
国内外の報告書 – 事故調、日本政府、東京電力発表報告書 (国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構)
国内外の報告書 – IAEA発表報告書 (国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構)
国内外の報告書 – 米国NRC、ANS等発表報告書 (国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構)
国内外の報告書 – その他海外政府、機関報告書 (国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構)
福島第一原発事故に関する情報へのリンクをまとめた日本原子力開発機構のページです。
UNSCEAR 2013年報告書 第1巻 – 電離放射線の線源、影響およびリスク
(原子放射線の影響に関する国連科学委員会 [UNSCEAR], 2013)
UNSCEARの報告書の日本語訳です。[PDF]
The Fukushima-Daiichi nuclear power plant accident
(英語, 原子放射線の影響に関する国連科学委員会 [UNSCEAR])
国連機関が行った福島第一原発事故における放射線被ばくレベルと影響に関する調査報告です。日本語の資料や動画も掲載されています。
Preliminary dose estimation from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami (英語, 世界保健機関 [WHO], 2012)
福島第一原発事故に伴う一般公衆の被ばく量の推定です。(2012年時点での推定)
Health risk assessment from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami, based on a preliminary dose estimation (英語, 世界保健機関 [WHO], 2013)
上記の2012年時点での被ばく量の推定に基づき、将来の健康に対するリスクを調査した結果です。

福島第一原発事故の災害対応の記録

福島第一原発事故の災害対応に関する記録・報告のサイトです。

東日本大震災の記録と復興への歩み (福島県, 2013)
東日本大震災における災害状況、初動対応、災害から2年間の復旧・復興対策などがまとめられています。
東日本大震災記録写真集「あの日のふくしま」 (福島県, 2013)
福島県が受けた甚大な被害や震災直後の県内各地の様子、復興へと歩む姿などをまとめた写真集です。
東日本大震災における活動の記録誌 (福島県相双保健福祉事務所, 2014)
広い範囲の人が避難を余儀なくされた相双地区における保健、医療、福祉、衛生の各分野での活動の記録です。
『東日本大震災における活動報告書』を作成しました (福島県会津保健福祉事務所, 2013)
会津地域における保健、医療、福祉、衛生等の各分野での活動を、震災から1年間を中心にまとめたものです。
震災記録誌「東日本大震災から1年 いわき市の記録」 (いわき市, 2012)
「須賀川市 東日本大震災の記録 ~あの日を忘れないために~」[PDF] (須賀川市, 2013)
「東日本大震災 南相馬市災害記録」 (南相馬市, 2013)
震災の記録誌 「東日本大震災郡山市の記録」 (郡山市, 2014)
震災記録誌 「東日本大震災の記録」~発災から復興に向けた取り組み~を発行しました (福島市, 2014)
伊達市災害記録誌 (伊達市, 2014)
福島県の各自治体は、災害の経験・教訓を次世代に伝え将来への備えとするため、災害発生から復旧・復興に向けての対応をまとめた記録誌を発行しています。
福島第一原子力発電所事故による原子力災害被災自治体等調査結果
(全国原子力発電所所在市町村協議会, 2012)
原子力災害における被災市・町の状況と、事故を起こさなかった女川、東海第二の各発電所の状況を調査した報告書です。[PDF]
「東日本大震災」被災地支援活動 (社会福祉法人 全国社会福祉協議会)
社会福祉協議会関係者による被災地支援の取り組みについて紹介しているページです。
「東日本大震災記録集」 (総務省消防庁, 2013)
総務省消防庁が発行している「東日本大震災記録集」のページです。
東日本大震災について (警察庁, 2012)
警察庁の災害対応活動を紹介しているページです。
東日本大震災における対応 (独立行政法人 国立病院機構)
東日本大震災における、国立病院機構の支援活動について紹介しているページです。
「東日本大震災における活動状況報告書」 (国立病院機構 災害医療センター, 2011)
災害医療センターの東日本大震災での活動がまとめられています。
福島第一原発事故復旧作業に対する救急・災害医療支援 (日本救急医学会雑誌, 2012年)
福島第一原発周辺に初期被ばく医療機関がないという状況下の中で行われた、緊急被ばく医療に関する報告です。
「東日本大震災・福島原発災害と広島大学」 (広島大学, 2013年)
東日本大震災から2年を迎え、これまでの被ばく医療支援、被災地での支援活動の取り組みをまとめた冊子です。
「FUKUSHIMA いのちの最前線 東日本大震災の活動記録集」 (福島県立医科大学, 2012)
福島県立医科大学の活動記録を後世に伝えるために、学内から論文・資料・写真を集めて編纂した冊子です。
絆~長崎大学病院 東日本大震災医療支援活動報告集~ (長崎大学病院, 2013年)
長崎大学病院における東日本大震災に対する活動記録と、これに携わった医療関係者の手記が掲載されています。

福島第一原発事故に関するアーカイブ

東日本大震災アーカイブFukushima
震災の記録と保存を目的とし、東日本大震災アーカイブ福島協議会が収集した資料を記録、発信しているサイトです。
ひなぎく NDL東日本大震災アーカイブ
東日本大震災に関するあらゆる記録・教訓を次の世代へ伝え、復旧・復興事業、防災・減災対策に役立てるため、国立国会図書館と総務省が設立したサイトです。
震災伝承館 (国土交通省 東北地方整備局)
津波石を残した先祖達のように、同じ悲劇を繰り返さないことを願い、この被災経験・教訓を活かすために、東北地方整備局が記録を作成しました。
NHK東日本大震災アーカイブス (NHK)
NHKによる東日本大震災アーカイブです。発災当時の証言記録や復興の軌跡などが掲載されています。
FNN東日本大震災アーカイブス (フジニュースネットワーク)
震災時に撮影・記録された地震・津波・火災などの克明かつ詳細な映像が公開されています。

その他の原子力事故・災害

福島第一原発事故以外の事故・災害に関する情報のサイト・ページです。

検証・25年経ったチェルノブイリ原子力発電所事故 (一般社団法人 日本原子力文化財団)
原発事故の再検証、懸念される放射能の健康影響などの最新の見解や見通しなどが掲載されています。
衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書 (衆議院, 2011)
衆議院議員団が行った、チェルノブイリ原子力発電所や国際原子力機関(IAEA)などの調査の報告書です。
ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故周辺地域 調査報告書 (日本赤十字社, 1990)
1990年1月に行われた赤十字社・赤新月社連盟によるチェルノブイリ原発事故被災地域調査の報告書です。
チェルノブイリ原子力発電所事故被災者救援事業実施報告書 (日本赤十字社, 1994)
日本赤十字社が1990年12月から1993年3月にかけて朝日新聞社などと行った、被災者救援事業の報告書です。
国際赤十字・赤新月社連盟 チェルノブイリ人道支援プログラムレポート (日本赤十字社)
国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) が行った被災住民支援(CHARP)に関する報告書のリストです。[PDF]
放射線被ばくの社会的評価 チェルノブイリ事故から学ぶ (国立研究開発法人 放射線医学総合研究所,1997)
放射線医学総合研究所が刊行した冊子へのリンクです。[PDF]
The Chernobyl accident (英語, UNSCEAR)
原発事故による健康への影響、遺伝への影響の可能性などについての報告書が紹介されています。
Health effects of the Chernobyl accident (英語, WHO)
原発事故から25年経過し、これまでの国連やWHOの活動やこれからの取組みを説明しているページです。
チェルノブイリ原発事故による 環境への影響とその修復 (日本語訳, 日本学術会議)
原発事故の環境への影響に関して、チェルノブイリ・フォーラムの調査結果と提言の日本語訳です。(PDF)
Chernobyl’s Legacy: Health, Environmental and Socio-Economic Impacts (英語, IAEA)
原発事故の環境・健康・社会的影響について、8つの国連機関と3ヶ国の専門家が調査した報告書です。[PDF]
東海村ウラン加工工場 臨界事故に関する放医研報告 (国立研究開発法人 放射線医学研究所, 2001)
JCO臨界事故に様々な形で関わった 放射線医学研究所が作成した報告書です。[PDF]
Report on the Preliminary Fact Finding Mission Following the Accident at the Nuclear Fuel Processing Facility in Tokaimura, Japan (英語, IAEA, 1999)
JCO臨界事故に関するIAEAの報告書です。
国内・国外のトラブル (原子力規制委員会)
国内外の原子力施設において発生したトラブルに関する情報が提供されています。
事故・トラブル情報 (原子力規制委員会)
法令にもとづき、原子力関連の事故・トラブルの報告が掲載されているページです。