「東日本大震災復興支援事業総括報告書」を公開

2019/09/30

 日本赤十字社は、「東日本大震災復興支援事業総括報告書」をデジタルアーカイブ上で公開しました。

report coverpage
「東日本大震災復興支援事業総括報告書」
report coverpage
「東日本大震災復興支援事業総括報告書」

 本報告書は、日本赤十字社が初めて取り組んだ復興支援事業について、2011年3月の発災直後から2018年3月末に至るまでの期間の活動を取りまとめたものです。下記より、データをダウンロードしてご覧いただけます。
 日本赤十字社はこれまでも、大規模災害の際の、被災者に対する緊急救援活動を実施してきました。しかし、緊急救援終了後も、健康増進やコミュニティ形成等を目的に、長期に亘って復興支援活動を実施するのは、今回が初めてです。また、こうした活動が先進国で長期間行われたことも、過去に例のないものでした。
 被災地では、復興に向けて様々な取り組みが行われていますが、いまだ日常を取り戻す道のりの途上、という地域も数多く残されており、多くの被災者が不自由な生活を強いられています。
 日本赤十字社は、今後も地域のボランティアをはじめとする関係者と連携しながら、復興支援等に取り組んで参ります。

報告書のダウンロード


「東日本大震災復興支援事業総括報告書」[PDF/28MB]は、以下のリンクからご覧ください。
 (報告書内の目次から下記の各章のページにジャンプします。)
「東日本大震災復興支援事業総括報告書」報告書全文[PDF/28MB](日本語版)

 【目次】
 はじめに
 1. 東日本大震災による被害と復旧・復興の歩み
 2. 復興期に実施した日赤の被災地支援事業
 3. 海外救援金を原資とする復興支援事業
 4. クウェート政府から寄贈された原油を原資とする基金の配分
 5. 義援金の受付及び配分の継続
 6. 東日本大震災での経験を踏まえた日赤の取り組み
 7. 復興支援事業の記録
 資料編
 (1) 収支報告書
 (2) 国際赤十字・赤新月社による評価①
 (3) 国際赤十字・赤新月社による評価②
 (4) 第三者評価①(平成23年度事業分)
 (5) 第三者評価②(平成24年度事業分)
 (6) 日本赤十字社復興支援事業基本方針 解説
 (7) PNS会議セッション資料
 (8) 映像コンテンツ
 (9) ツール類

 おわりに