• 平成29年度第3ブロック原子力災害対応基礎研修会で防護服装着の実習を行う参加者(2017.6.16)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
平成29年度第3ブロック原子力災害対応基礎研修会で防護服装着の実習を行う参加者(2017.6.16) Participants learning how to put on protective gear in 2017 Nuclear Disaster Response Basic Training Session for the Third Block (June 16, 2017) 日本赤十字社は、日赤の救護班要員である全国の赤十字病院の医師、看護師、診療放射線技師、事務職および支部職員を対象とした「原子力災害対応基礎研修会」を開催しています。2016年度からは、地域の原子力施設の立地や支部、施設の状況に即した研修が可能となるように、全国を6つに分割したブロック単位での実施としました。この写真は、2017年6月に開催された第3ブロック(東海・北陸)の研修会で防護服の装着の実習を行う参加者です。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) has held Nuclear Disaster Response Basic Training Sessions (Training Sessions) which target the JRCS relief team members, physicians, radiological technologists, nurses and administrative staff working at JRC hospitals and staff of JRCS chapters. The JRCS divides the country into six operational blocks. Starting from FY 2016, the JRCS decided to organize the Training Session by each block to tailor it to the location of each nuclear power plant and the situations of each JRCS chapter and hospital. The photo is for the participants who learn how to put on protective gear in the Training Session for the Third Block (Tokai and Hokuriku) held in June 2017. 日本赤十字社は、日赤の救護班要員である全国の赤十字病院の医師、看護師、診療放射線技師、事務職および支部職員を対象とした「原子力災害対応基礎研修会」を開催しています。2016年度からは、地域の原子力施設の立地や支部、施設の状況に即した研修が可能となるように、全国を6つに分割したブロック単位での実施としました。この写真は、2017年6月に開催された第3ブロック(東海・北陸)の研修会で防護服の装着の実習を行う参加者です。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) has held Nuclear Disaster Response Basic Training Sessions (Training Sessions) which target the JRCS relief team members, physicians, radiological technologists, nurses and administrative staff working at JRC hospitals and staff of JRCS chapters. The JRCS divides the country into six operational blocks. Starting from FY 2016, the JRCS decided to organize the Training Session by each block to tailor it to the location of each nuclear power plant and the situations of each JRCS chapter and hospital. The photo is for the participants who learn how to put on protective gear in the Training Session for the Third Block (Tokai and Hokuriku) held in June 2017. 原子力災害,医療救護,救護活動,救護班,放射線防護,事前準備,災害対応能力強化,ガイドライン,被災者とのコミュニケーション,CAT-54-02 nuclear disaster,medical relief,relief activity,relief team,radiation protection,preparedness,strengthening disaster preparedness,guideline,communication with affected people,CAT-54-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 災害対応能力強化 その他 予防 応急対策 福島第一原発事故 日本語 1600*1200 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001425-00 写真 静止画資料 福井県 福井市西木田2-8-1 2-8-1 Nishikida, Fukui, Fukui 36.055193 136.213914 2017/06/16