• 原子力災害時における被災者とのコミュニケーション
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
原子力災害時における被災者とのコミュニケーション Communication with affected people during a nuclear disaster 2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故においては、事故に対する正しい情報が共有されず、放射線の健康への影響について様々な見解が流布したため、被災者は被ばくへの不安や恐怖から長期にわたって心身ともに不安な日々を過ごしました。原子力災害において被災者と接することになる救護班要員は、被災者から事故や放射線に関する質問や助言を求められる場面があると考えられます。このため日本赤十字社では、原子力災害時に救護班要員が被災者とどのようにコミュニケーションを図るべきかについて記述した冊子を、専門家のアドバイスを受けながら作成しました。 During the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident occurred in March 2011, accurate information was not shared and various opinions on health effects from radiation spread. Under this situation, affected people had to spend prolonged anxious days both physically and mentally due to anxiety and fear for radiation exposure. Relief team members who will face to affected people in a nuclear disaster highly likely have situations receiving inquiry or request for advice from affected people about an accident and/or radiation. For this reason, by getting advice from experts the Japanese Red Cross Society developed a booklet describing how relief team members should communicate with affected people during a nuclear disaster. 2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故においては、事故に対する正しい情報が共有されず、放射線の健康への影響について様々な見解が流布したため、被災者は被ばくへの不安や恐怖から長期にわたって心身ともに不安な日々を過ごしました。原子力災害において被災者と接することになる救護班要員は、被災者から事故や放射線に関する質問や助言を求められる場面があると考えられます。このため日本赤十字社では、原子力災害時に救護班要員が被災者とどのようにコミュニケーションを図るべきかについて記述した冊子を、専門家のアドバイスを受けながら作成しました。 During the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident occurred in March 2011, accurate information was not shared and various opinions on health effects from radiation spread. Under this situation, affected people had to spend prolonged anxious days both physically and mentally due to anxiety and fear for radiation exposure. Relief team members who will face to affected people in a nuclear disaster highly likely have situations receiving inquiry or request for advice from affected people about an accident and/or radiation. For this reason, by getting advice from experts the Japanese Red Cross Society developed a booklet describing how relief team members should communicate with affected people during a nuclear disaster. 救護班,避難所,救護所,放射線,被災者,コミュニケーション,こころのケア,ガイドライン,緊急被ばくアドバイザー,CAT-04-01 relied team,evacuation center,first aid center,radiation,affected people,communication,psychological care,guidelines,radiation emergency medical care advisors,CAT-04-01 原子力災害時における被災者とのコミュニケーション(センターからのお知らせ) Communication with affected people during a nuclear disaster (Information from Resource Center) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 予防 応急対策 福島第一原発事故 日本語 英語 A4, 28ページ A4, 28 pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001411-00 文書 文書データ