• 浪江町民健康調査で震災当時の話を聞く日赤の看護師(2015.11.24)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
浪江町民健康調査で震災当時の話を聞く日赤の看護師(2015.11.24) A JRCS nurse listening to a story when the Great East Japan Earthquake occurred during a health consultation program for people evacuated from Namie (November 11, 2015) 日本赤十字社と赤十字看護大学は、いわき市に避難している浪江町民の健康調査支援事業を進めています。唐津赤十字病院から活動に参加した看護師は、町民の思いに寄り添いながら健康調査にあたりました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) and Japanese Red Cross College of Nursing (JRCCN) continue to provide a health consultation and health assistance program for the people who evacuated from Namie to Iwaki city. A nurse from the Japanese Red Cross Karatsu Hospital listened carefully to the Namie people. 日本赤十字社と赤十字看護大学は、いわき市に避難している浪江町民の健康調査支援事業を進めています。唐津赤十字病院から活動に参加した看護師は、町民の思いに寄り添いながら健康調査にあたりました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) and Japanese Red Cross College of Nursing (JRCCN) continue to provide a health consultation and health assistance program for the people who evacuated from Namie to Iwaki city. A nurse from the Japanese Red Cross Karatsu Hospital listened carefully to the Namie people. こころのケア,浪江町民健康調査,CAT-53-01-01 psychological care,health consultation for Namie people,CAT-53-01-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 福島第一原発事故 日本語 640*480 640*480 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001394-00 写真 静止画資料 福島県 いわき市 Iwaki, Fukushima 2015/10/26 2015/11/27