• 浪江町民健康調査の家庭訪問でなごやかな雰囲気の中で町民の話を聞く日赤の看護師(2015.10.13)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
浪江町民健康調査の家庭訪問でなごやかな雰囲気の中で町民の話を聞く日赤の看護師(2015.10.13) A JRCS nurse listening to a person in a relaxed atmosphere when visited a home during a health consultation program for people evacuated from Namie (October 13, 2015) 日本赤十字社と赤十字看護大学は、いわき市に避難している浪江町民の健康調査支援事業を進めています。長崎原爆諫早病院から活動に参加した看護師は、「調査ではなく、皆さんの支援に行く」という気持ちを常に強く持ち町民宅を訪問しました。心の奥に抱えているさまざまな思いを吐き出してもらい、明るい表情になっていただけました」と話しました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) and Japanese Red Cross College of Nursing (JRCCN) continue to provide a health consultation and health assistance program for the people who evacuated from Namie to Iwaki city. A nurse from Japanese Red Cross Nagasaki Genbaku Isahaya Hospital said that she made home visits with the attitude of supporting the people instead of providing a health survey. She also said that after evacuees spoke their deep concerns their facial expression changed from gloomy to pleasant. 日本赤十字社と赤十字看護大学は、いわき市に避難している浪江町民の健康調査支援事業を進めています。長崎原爆諫早病院から活動に参加した看護師は、「調査ではなく、皆さんの支援に行く」という気持ちを常に強く持ち町民宅を訪問しました。心の奥に抱えているさまざまな思いを吐き出してもらい、明るい表情になっていただけました」と話しました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) and Japanese Red Cross College of Nursing (JRCCN) continue to provide a health consultation and health assistance program for the people who evacuated from Namie to Iwaki city. A nurse from Japanese Red Cross Nagasaki Genbaku Isahaya Hospital said that she made home visits with the attitude of supporting the people instead of providing a health survey. She also said that after evacuees spoke their deep concerns their facial expression changed from gloomy to pleasant. こころのケア,浪江町民健康調査,CAT-53-01-01 psychological care,health consultation for Namie people,CAT-53-01-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 福島第一原発事故 日本語 640*480 640*480 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001393-00 写真 静止画資料 福島県 いわき市 Iwaki, Fukushima 2015/10/05 2015/10/30