• いわき市内で浪江町民の健康調査を実施
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
いわき市内で浪江町民の健康調査を実施 A health consultation program has been provided in Iwaki City for people who evacuated from Namie Town. 日本赤十字社は、原発事故によりいわき市へ避難となった浪江町民の健康調査支援活動を、震災翌年(1012年)から2017年3月まで継続してきました。この記事は、日赤の広報紙「赤十字NEWS」3月号に掲載されたもので、高槻赤十字病院から派遣された看護師が避難者からの聞き取り調査で受けた思いを紹介しています。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) provided health consultation program activities from 2012 following the disaster year to March 2017 for people from Namie Town who evacuated to Iwaki City, Fukushima Prefecture due to the nuclear accident. This topic was posted in the March 2017 issue of JRC News, a JRCS newsletter. A nurse who was dispatched from the Takatsuki Red Cross Hospital to Iwaki City for this program reports about what she felt and thought from the health interviews with the evacuees. 日本赤十字社は、原発事故によりいわき市へ避難となった浪江町民の健康調査支援活動を、震災翌年(1012年)から2017年3月まで継続してきました。この記事は、日赤の広報紙「赤十字NEWS」3月号に掲載されたもので、高槻赤十字病院から派遣された看護師が避難者からの聞き取り調査で受けた思いを紹介しています。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) provided health consultation program activities from 2012 following the disaster year to March 2017 for people from Namie Town who evacuated to Iwaki City, Fukushima Prefecture due to the nuclear accident. This topic was posted in the March 2017 issue of JRC News, a JRCS newsletter. A nurse who was dispatched from the Takatsuki Red Cross Hospital to Iwaki City for this program reports about what she felt and thought from the health interviews with the evacuees. 浪江町民健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 health consultation for Namie people, Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,CAT-02-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 A4,1ページ A4,1 page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001374-00 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima 2017/01/10 00:00:00 2017/02/03 00:00:00 000649-00