• 連盟総会・サイドイベントについて_国際赤十字・赤新月社連盟の原子力災害への取り組み
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
連盟総会・サイドイベントについて_国際赤十字・赤新月社連盟の原子力災害への取り組み IFRC General Assembly and the Side Event_Efforts for Nuclear and Radiological Emergency Preparedness by the IFRC 2015年12月、ジュネーブで開催された第20回国際赤十字・赤新月社連盟総会(連盟総会)において、日本赤十字社(日赤)は国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)のこれまでの原子力災害への備えに対する取り組みを評価する発言を行いました。
連盟総会に合わせて、日赤は原子力緊急事態への備えに関するサイドイベントを主催しました。この中では、「わかりやすいプロジェクト」の高校生と大学生によるプレゼンテーションが行われました。そのあと、ベラルーシ赤十字社、日赤、IFRC事務局、OCHA (Office for the Coordination of Humanitarian Affairs:国連人道問題調整事務所)の代表者らのパネリストによるプレゼンテーション、参加者を交えたディスカッションが行われました。 In December 2015, the 20th International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies General Assembly (GA) was held in Geneva. During GA, the Japanese Red Cross Society (JRCS), in their comment, highly evaluated the efforts by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC) for nuclear disaster preparedness.
On the sidelines of the GA, the JRCS hosted a side event on nuclear emergency preparedness. During this side event, high school and college student from "The Simples NAIIC" of Japan made a presentation. After that, some presentations were given by panelists from the Belarus Red Cross, the JRCS, the Secretariat of the IFRC and OCHA (Office for the Coordination of Humanitarian Affairs), followed by a plenary discussion by the side event participants. 2015年12月、ジュネーブで開催された第20回国際赤十字・赤新月社連盟総会(連盟総会)において、日本赤十字社(日赤)は国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)のこれまでの原子力災害への備えに対する取り組みを評価する発言を行いました。
連盟総会に合わせて、日赤は原子力緊急事態への備えに関するサイドイベントを主催しました。この中では、「わかりやすいプロジェクト」の高校生と大学生によるプレゼンテーションが行われました。そのあと、ベラルーシ赤十字社、日赤、IFRC事務局、OCHA (Office for the Coordination of Humanitarian Affairs:国連人道問題調整事務所)の代表者らのパネリストによるプレゼンテーション、参加者を交えたディスカッションが行われました。 In December 2015, the 20th International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies General Assembly (GA) was held in Geneva. During GA, the Japanese Red Cross Society (JRCS), in their comment, highly evaluated the efforts by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC) for nuclear disaster preparedness.
On the sidelines of the GA, the JRCS hosted a side event on nuclear emergency preparedness. During this side event, high school and college student from "The Simples NAIIC" of Japan made a presentation. After that, some presentations were given by panelists from the Belarus Red Cross, the JRCS, the Secretariat of the IFRC and OCHA (Office for the Coordination of Humanitarian Affairs), followed by a plenary discussion by the side event participants. 原子力災害,福島第一原発事故,チェルノブイリ原発事故,CBRN,緊急事態,救護,人道支援,ガイドライン,日本赤十字社,国際赤十字・赤新月社連盟,CAT-05-02 nuclear disaster,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Chernobyl Nuclear Power Plant accident,CBRN,emergency,relief,humanitarian assistance,guidelines,Japanese Red Cross Society,International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies,CAT-05-02 国際赤十字・赤新月社連盟の原子力災害への取り組み(企画展) Efforts for Nuclear and Radiological Emergency Preparedness by the IFRC (Special webpage) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 英語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000780-21 その他 オンライン資料 海外 ジュネーブ Geneva, Switzerland 2015/12/04 2015/12/06