• 原子力災害における救護活動ガイドライン
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
原子力災害における救護活動ガイドライン Nuclear Disaster Guidelines for Preparedness, Response and Recovery 日赤は、今後発生するかもしれない原子力災害に備えるため、「原子力災害における救護活動ガイドライン」を策定し、国内外への発信および普及を推進しています。ガイドラインには、原子力災害時に日赤が行うべき活動について記述されており、これらには災害発生時の救護班による「医療救護活動」のみならず、災害に備えるための「事前対策」、被災者の生活を回復させる「復旧・復興対応」も含まれます。 In order to prepare for possible future nuclear disasters, the JRCS developed "Nuclear Disaster Guidelines for Preparedness, Response and Recovery" and is promoting its dissemination in Japan and abroad. The guidelines describe what the JRCS should do in the event of a nuclear disaster. That includes not only medical relief activities by relief teams but also preparedness for nuclear disasters and recovery for rebuilding survivors' livelihoods. 日赤は、今後発生するかもしれない原子力災害に備えるため、「原子力災害における救護活動ガイドライン」を策定し、国内外への発信および普及を推進しています。ガイドラインには、原子力災害時に日赤が行うべき活動について記述されており、これらには災害発生時の救護班による「医療救護活動」のみならず、災害に備えるための「事前対策」、被災者の生活を回復させる「復旧・復興対応」も含まれます。 In order to prepare for possible future nuclear disasters, the JRCS developed "Nuclear Disaster Guidelines for Preparedness, Response and Recovery" and is promoting its dissemination in Japan and abroad. The guidelines describe what the JRCS should do in the event of a nuclear disaster. That includes not only medical relief activities by relief teams but also preparedness for nuclear disasters and recovery for rebuilding survivors' livelihoods. 救護活動,行動基準,CAT-04-04 relief activity,code of conduct,CAT-04-04 企画展 将来発生するかもしれない「もしもの時」に備えて Special content: Preparedness for possible future nuclear disasters 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 福祉サービス 災害対応能力強化 その他 予防 応急対策 復興 その他 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,2ページ A4, 2 pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001221-11 文書 文書データ