• 原子力災害に関する情報収集・発信
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
原子力災害に関する情報収集・発信 Gathering/disseminating information on nuclear disasters 福島第一原発事故発生時、日赤には原子力災害に関する十分な情報がなかったことからその活動に制約が生じました。今後は原子力災害の発生に備え、これまでの活動実績や経験の分析で得られた情報を対外的に発信して行くことが重要と考え、赤十字原子力災害情報センターを設立しました。同時に、その情報発信を実現するための手段として、デジタルアーカイブシステムを構築しました。 When the outset of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident occurred, the JRCS did not have enough knowledge about nuclear disasters. This led to constraints in its relief activities. The JRCS thought that preparedness for nuclear disasters and sharing its activities and experiences with external parties would be important. Therefore, the JRCS established the Red Cross Nuclear Disaster Resource Center. At the same time, as a tool for fulfilling the purpose of information sharing, the Digital Archives was also established. 福島第一原発事故発生時、日赤には原子力災害に関する十分な情報がなかったことからその活動に制約が生じました。今後は原子力災害の発生に備え、これまでの活動実績や経験の分析で得られた情報を対外的に発信して行くことが重要と考え、赤十字原子力災害情報センターを設立しました。同時に、その情報発信を実現するための手段として、デジタルアーカイブシステムを構築しました。 When the outset of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident occurred, the JRCS did not have enough knowledge about nuclear disasters. This led to constraints in its relief activities. The JRCS thought that preparedness for nuclear disasters and sharing its activities and experiences with external parties would be important. Therefore, the JRCS established the Red Cross Nuclear Disaster Resource Center. At the same time, as a tool for fulfilling the purpose of information sharing, the Digital Archives was also established. 原子力災害情報センター,デジタルアーカイブ,ガイドライン,原子力災害セミナー,CAT-04-03 Red Cross Nuclear Disaster Resource Center,Digital Archives,guidelines,nuclear disaster seminar,CAT-04-03 企画展 将来発生するかもしれない「もしもの時」に備えて Special content: Preparedness for possible future nuclear disasters 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 その他 予防 応急対策 復興 その他 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4, 1 page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001221-08 文書 文書データ