• 日本赤十字社の原子力災害に備える取り組みの背景 (4/4)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
日本赤十字社の原子力災害に備える取り組みの背景 (4/4) Background of the JRCS’s nuclear disaster preparedness (4/4) 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) は、2011年11月にジュネーブで開催された第18回総会で、IFRCや各国赤十字社が原子力災害の被災者救援に役割を果たすことなどを盛り込んだ、「原子力事故がもたらす人道的影響に関する決議」を採択しました。日赤はこの決議に基づき、将来起こるかもしれない原子力災害への備えに取り組む決意をしました。 At the 18th General Assembly held in November 2011 in Geneva, the IFRC (International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies) adopted a resolution on "preparedness to respond to the humanitarian consequences of nuclear accidents." This resolution includes a description that National Societies should help survivors also in the event of a nuclear disaster. Based on this resolution, the JRCS made a determination to address preparedness for possible future nuclear disasters. 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) は、2011年11月にジュネーブで開催された第18回総会で、IFRCや各国赤十字社が原子力災害の被災者救援に役割を果たすことなどを盛り込んだ、「原子力事故がもたらす人道的影響に関する決議」を採択しました。日赤はこの決議に基づき、将来起こるかもしれない原子力災害への備えに取り組む決意をしました。 At the 18th General Assembly held in November 2011 in Geneva, the IFRC (International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies) adopted a resolution on "preparedness to respond to the humanitarian consequences of nuclear accidents." This resolution includes a description that National Societies should help survivors also in the event of a nuclear disaster. Based on this resolution, the JRCS made a determination to address preparedness for possible future nuclear disasters. IFRC,連盟総会,決議,原子力災害,人道支援,CAT-05-04 IFRC,IFRC General Assembly,resolution,nuclear disaster,humanitarian assistance,CAT-05-04 企画展 将来発生するかもしれない「もしもの時」に備えて Special content: Preparedness for possible future nuclear disasters 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4, 1 page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001221-04 文書 文書データ