• 日本赤十字社の原子力災害に備える取り組みの背景 (3/4)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
日本赤十字社の原子力災害に備える取り組みの背景 (3/4) Background of the JRCS’s nuclear disaster preparedness (3/4) IAEA(国際原子力機関)による見通しでは、今後世界の原子力発電が増加することが予測されています。特に東アジアでの伸びが予測されており、発生しうる不測の事態に備えることは、救護団体の責務であると日赤は考えています。 The IAEA (International Atomic Energy Agency) estimates that worldwide nuclear power generation would increase in the future. Particularly, a sharp growth is expected in East Asia. Therefore, the JRCS thinks that preparedness for contingencies is a responsibility of a relief organization. IAEA(国際原子力機関)による見通しでは、今後世界の原子力発電が増加することが予測されています。特に東アジアでの伸びが予測されており、発生しうる不測の事態に備えることは、救護団体の責務であると日赤は考えています。 The IAEA (International Atomic Energy Agency) estimates that worldwide nuclear power generation would increase in the future. Particularly, a sharp growth is expected in East Asia. Therefore, the JRCS thinks that preparedness for contingencies is a responsibility of a relief organization. IAEA,原子力発電所,今後の見通し,CAT-04-01 IAEA,nuclear power plant,prospects in the future,CAT-04-01 企画展 将来発生するかもしれない「もしもの時」に備えて Special content: Preparedness for possible future nuclear disasters 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society その他 予防 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4, 1 page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001221-03 文書 文書データ