• CHARPミッション報告1996
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARPミッション報告1996 CHARP Report of Mission 1996 1996年4月にベラルーシのゴメルで開催される次回のワークショップへの準備のために、プログラムの技術的課題に焦点を当てた第2回の評価が、事故から10年を迎えるのに合わせて計画されました。この報告書は、技術的課題を評価し、達成事項をレビューし、提言を行っています。
提言事項:
甲状腺がんを検出するための超音波検査の強化
特に汚染レベルが高い地域における放射能レベル監視の継続
コミュニティへの平易で信頼できる情報提供による教育に基づいた心理社会的プログラム
自己持続性のあるプログラムの開発および国内・国外への支援の呼びかけ In 1996, in line with the tenth anniversary of the accident, a second evaluation mission focusing on technical issues of the programme is planned with a view to prepare for the next workshop which is to take place in April 1996, in Gomel, Belarus. The report evaluates technical issues, reviews achievements and makes recommendations.
Recommendations are;
- Intensify the ultrasound scan screening to detect thyroid gland cancer
- Continue monitoring of radioactivity levels with particular attention to the areas known as highly contaminated
- Psycho-social programme based on education through simple and reliable information made available to communities
- Development of self sustainability of the programme, and advocacy at both national and international level. 1996年4月にベラルーシのゴメルで開催される次回のワークショップへの準備のために、プログラムの技術的課題に焦点を当てた第2回の評価が、事故から10年を迎えるのに合わせて計画されました。この報告書は、技術的課題を評価し、達成事項をレビューし、提言を行っています。
提言事項:
甲状腺がんを検出するための超音波検査の強化
特に汚染レベルが高い地域における放射能レベル監視の継続
コミュニティへの平易で信頼できる情報提供による教育に基づいた心理社会的プログラム
自己持続性のあるプログラムの開発および国内・国外への支援の呼びかけ In 1996, in line with the tenth anniversary of the accident, a second evaluation mission focusing on technical issues of the programme is planned with a view to prepare for the next workshop which is to take place in April 1996, in Gomel, Belarus. The report evaluates technical issues, reviews achievements and makes recommendations.
Recommendations are;
- Intensify the ultrasound scan screening to detect thyroid gland cancer
- Continue monitoring of radioactivity levels with particular attention to the areas known as highly contaminated
- Psycho-social programme based on education through simple and reliable information made available to communities
- Development of self sustainability of the programme, and advocacy at both national and international level. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,移動検査室,甲状腺がんスクリーニング,長期持続可能性,心理社会的支援,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,Mobile Diagnostic Laboratory,screening for thyroid gland cancers,psychosocial care,long term sustainability,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,22ページ A4,22pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 001233-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 1996