• IAEAで開催された福島原発事故におけるシビアアクシデントマネジメントに関する専門家会議の様子(2014.3.19)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
IAEAで開催された福島原発事故におけるシビアアクシデントマネジメントに関する専門家会議の様子(2014.3.19) The International Experts' Meeting on severe accident management of the Fukushima Nuclear Power Plant Accident, held at the IAEA. (2014/03/19) 2014年3月にオーストリアのウィーンで開催された、IAEAの福島原発事故におけるシビアアクシデントマネジメントに関する専門家会議で、福島赤十字病院の渡部副院長が「福島原発事故後の日赤の救護活動と将来に向けての課題」と題してプレゼンテーションを行いました。 In March 2014, the International Experts' Meeting on severe accident management of the Fukushima Nuclear Power Plant Accident was held in Vienna, Austria. Dr. Yoichi Watanabe, Deputy Director General of the Fukushima Red Cross Hospital made a presentation entitled "Relief Activities Conducted by the Japanese Red Cross Society after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident and the Challenges for the Future". 2014年3月にオーストリアのウィーンで開催された、IAEAの福島原発事故におけるシビアアクシデントマネジメントに関する専門家会議で、福島赤十字病院の渡部副院長が「福島原発事故後の日赤の救護活動と将来に向けての課題」と題してプレゼンテーションを行いました。 In March 2014, the International Experts' Meeting on severe accident management of the Fukushima Nuclear Power Plant Accident was held in Vienna, Austria. Dr. Yoichi Watanabe, Deputy Director General of the Fukushima Red Cross Hospital made a presentation entitled "Relief Activities Conducted by the Japanese Red Cross Society after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident and the Challenges for the Future". IAEA,原子力災害,国際会議,CAT-56-03 IAEA,nuclear disaster,international meeting,CAT-56-03 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 3456*2304 3456*2304 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001136-00 写真 静止画資料 2014/03/19