• 第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議の参加者に浪江町の状況を説明する浪江町役場職員(2014.10.28)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議の参加者に浪江町の状況を説明する浪江町役場職員(2014.10.28) Field trip during the Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness: A Namie Town officer explaining the status of the town to the meeting participants. (2014/10/28) 第3回目となる原子力災害対策関係国赤十字社会議は、世界16カ国から参加者が集まり被災地である福島県で開催されました。原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドラインなどについて議論することを目的としています。参加者は浪江町役場を訪問し、役場の職員から町の状況や復興計画などの説明を受けました。 The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness was joined by 16 National Societies and held in Fukushima, the affected area. The objective of the meeting was to discuss preparedness for nuclear and radiological emergencies and the IFRC guidelines. The participants visited the Namie Municipal Office and listened to a officer of the town explaining the status of Namie Town and their recovery plan. 第3回目となる原子力災害対策関係国赤十字社会議は、世界16カ国から参加者が集まり被災地である福島県で開催されました。原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドラインなどについて議論することを目的としています。参加者は浪江町役場を訪問し、役場の職員から町の状況や復興計画などの説明を受けました。 The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness was joined by 16 National Societies and held in Fukushima, the affected area. The objective of the meeting was to discuss preparedness for nuclear and radiological emergencies and the IFRC guidelines. The participants visited the Namie Municipal Office and listened to a officer of the town explaining the status of Namie Town and their recovery plan. IFRC,ICRC,原子力災害,国際会議,ガイドライン,CAT-56-02-01 IFRC,ICRC,nuclear disaster,international meeting,guidelines,CAT-56-02-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 1920*1280 1920*1280 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001071-00 写真 静止画資料 福島県 双葉郡浪江町幾世橋六反田7-2 7-2 Kiyohashi-rokutanda, Namie, Fukushima 37.494888 140.999473 2014/10/28