• 第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議で浪江町請戸地区の被害の状況をみるIFRCの担当官(2014.10.28)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議で浪江町請戸地区の被害の状況をみるIFRCの担当官(2014.10.28) Field trip during the Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness: An IFRC officer looking at the damage in Ukedo Area, Namie Town. (2014/10/28) 第3回目となる原子力災害対策関係国赤十字社会議は、世界16カ国から参加者が集まり被災地である福島県で開催されました。原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドラインなどについて議論することを目的としています。写真は、がれきがまだ残る浪江町請戸地区とこの様子を見るIFRCの担当官です。 The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness was joined by 16 National Societies and held in Fukushima, the affected area. The objective of the meeting was to discuss preparedness for nuclear and radiological emergencies and the IFRC guidelines. The picture shows an IFRC officer who was looking at the debris which still remained in Ukedo Area, Namie Town. 第3回目となる原子力災害対策関係国赤十字社会議は、世界16カ国から参加者が集まり被災地である福島県で開催されました。原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドラインなどについて議論することを目的としています。写真は、がれきがまだ残る浪江町請戸地区とこの様子を見るIFRCの担当官です。 The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness was joined by 16 National Societies and held in Fukushima, the affected area. The objective of the meeting was to discuss preparedness for nuclear and radiological emergencies and the IFRC guidelines. The picture shows an IFRC officer who was looking at the debris which still remained in Ukedo Area, Namie Town. IFRC,ICRC,原子力災害,国際会議,ガイドライン,CAT-56-02-01 IFRC,ICRC,nuclear disaster,international meeting,guidelines,CAT-56-02-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 毎日映画社 MAINICHI PRODUCTIONS 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 1280*1024 1280*1024 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001065-00 写真 静止画資料 福島県浪江町 Namie, Fukushima 2014/10/28