• 別紙:災害救護活動における緊急放射線被ばく医療の知識
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
別紙:災害救護活動における緊急放射線被ばく医療の知識 Appendix: Knowledge on emergency radiation medicine in disaster response activities 全国赤十字救護班研修会で使用した、日本赤十字社長崎原爆病院の朝長万左男病院長による「災害救護活動における緊急放射線被ばく医療の知識」です。福島県立医科大学の大津留昌先生の協力を得て作成されました。 The materials entitled "Knowledge on emergency radiation medicine in disaster response activities" is used in the training session for Japanese Red Cross relief team. This was prepared by Masao Tomonaga, M.D., Director of the Japanese Red Cross Nagasaki Hospital with the cooperation by Akira Otsuru, M.D., Professor of Fukushima Medical University. 全国赤十字救護班研修会で使用した、日本赤十字社長崎原爆病院の朝長万左男病院長による「災害救護活動における緊急放射線被ばく医療の知識」です。福島県立医科大学の大津留昌先生の協力を得て作成されました。 The materials entitled "Knowledge on emergency radiation medicine in disaster response activities" is used in the training session for Japanese Red Cross relief team. This was prepared by Masao Tomonaga, M.D., Director of the Japanese Red Cross Nagasaki Hospital with the cooperation by Akira Otsuru, M.D., Professor of Fukushima Medical University. 救護班研修会,放射線の知識,原子爆弾,ヒバクシャ,チェルノブイリ原発事故,福島第一原発事故,被ばく,被ばく医療,CAT-04-01 training for relief team,knowledge on radiation,atomic bomb,atomic bomb victim,Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,radiation exposure,radiation medicine,CAT-04-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 福祉サービス 災害対応能力強化 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 A4,77ページ A4,77ページ 日本赤十字社 NDRC利用規約に準拠 001155-00 文書 文書データ 001154-00