• 原子力災害における救護活動マニュアル本編(2013年5月作成版)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
原子力災害における救護活動マニュアル本編(2013年5月作成版) Manual for Relief Activities under Nuclear Disasters (2013 May version) 日本赤十字社(以下、「日赤」)は、「原子力災害における救護活動マニュアル」を作成し、警戒区域外で活動する一般の災害救護に携わる救護班に許容される累積被ばく線量を1ミリシーベルトとしました。作成に当たっては、国際放射線防護委員会(ICRP)が一般市民に対する1年間の実効線量限度の勧告に準拠することとしました。日赤の救護班の活動期間は1週間以内を基本としており、この基準では福島県で「帰還困難区域」に設定されている地域でも、多くの場所で活動できることを意味します。
また、救護活動時の行動基準を定めるとともに、救護班要員には研修会等において放射線防護の教育を行うなど、要員の安全を確保する基準についても定めています。
これは、2013年5月に作成されたもので、2016年3月に修正版が発行されました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) published "Manual for Relief Activities under Nuclear Disasters." According to the manual, the JRCS will conduct the relief activities outside of the area restricted by the national/local authorities, as long as cumulative doses of radiation do not exceed 1 mSv during an activity. The JRCS conformed the recommendation from the International Commission on Radiological Protection (ICRP) which is applied for the public. Since JRCS's relief activities are basically within a week per team, they can conduct activities even in most of the area called "difficult-to-return zones" in Fukushima if they follow this manual.
Also in order to secure the safety of relief team members, the JRCS defined in the manual, the code for conducts during relief activities, and established training programmes on Radiological Protection for the members.
This is the previous version released in May 2013 and new version was released in March 2016. 日本赤十字社(以下、「日赤」)は、「原子力災害における救護活動マニュアル」を作成し、警戒区域外で活動する一般の災害救護に携わる救護班に許容される累積被ばく線量を1ミリシーベルトとしました。作成に当たっては、国際放射線防護委員会(ICRP)が一般市民に対する1年間の実効線量限度の勧告に準拠することとしました。日赤の救護班の活動期間は1週間以内を基本としており、この基準では福島県で「帰還困難区域」に設定されている地域でも、多くの場所で活動できることを意味します。
また、救護活動時の行動基準を定めるとともに、救護班要員には研修会等において放射線防護の教育を行うなど、要員の安全を確保する基準についても定めています。
これは、2013年5月に作成されたもので、2016年3月に修正版が発行されました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) published "Manual for Relief Activities under Nuclear Disasters." According to the manual, the JRCS will conduct the relief activities outside of the area restricted by the national/local authorities, as long as cumulative doses of radiation do not exceed 1 mSv during an activity. The JRCS conformed the recommendation from the International Commission on Radiological Protection (ICRP) which is applied for the public. Since JRCS's relief activities are basically within a week per team, they can conduct activities even in most of the area called "difficult-to-return zones" in Fukushima if they follow this manual.
Also in order to secure the safety of relief team members, the JRCS defined in the manual, the code for conducts during relief activities, and established training programmes on Radiological Protection for the members.
This is the previous version released in May 2013 and new version was released in March 2016. 原子力災害,救護活動,累積被ばく線量,空間線量率,ICRP,赤十字国際委員会,被ばく医療,放射線の知識,原子爆弾,CAT-04-01 nuclear disaster,relief activity,cumulative dose of radiation,air dose rate,ICRP,International Committee of the Red Cross,radiation medicine,knowledge on radiation,atomic bomb,CAT-04-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 福祉サービス 災害対応能力強化 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,15ページ A4,18pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001154-00 文書 文書データ 001155-00 000001-00