• イタリア赤十字社サマースクール研修に参加した水戸赤十字病院の遠藤医師と参加者(2015.6.25)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
イタリア赤十字社サマースクール研修に参加した水戸赤十字病院の遠藤医師と参加者(2015.6.25) Dr. Endo, a physician from Japanese Red Cross Mito Hospital, shaking hands with one of the participants in CBRN International Summer School held by the Italian RC (2015/06/25) 「化学、生物、放射性物質、核兵器(CBRN)に対応するための研修」が2015年6月にイタリアにて開催され、日本赤十字社から緊急被ばく医療アドバイザーに任命されている水戸赤十字病院 脳神経外科部長の遠藤 聖医師が参加しました。 “CBRN International Summer School: Basic Course -Nuclear and Radiological Emergency Preparedness-” was held in Italy in June 2015. Dr. Kiyoshi Endo, Department Director of Neurosurgery of the Japanese Red Cross Mito Hospital and one of the JRCS radiation emergency medical care advisors, participated in the program. 「化学、生物、放射性物質、核兵器(CBRN)に対応するための研修」が2015年6月にイタリアにて開催され、日本赤十字社から緊急被ばく医療アドバイザーに任命されている水戸赤十字病院 脳神経外科部長の遠藤 聖医師が参加しました。 “CBRN International Summer School: Basic Course -Nuclear and Radiological Emergency Preparedness-” was held in Italy in June 2015. Dr. Kiyoshi Endo, Department Director of Neurosurgery of the Japanese Red Cross Mito Hospital and one of the JRCS radiation emergency medical care advisors, participated in the program. 原子力災害,放射線,災害対応能力強化,IFRC,CAT-56-01 nuclear disaster,radiation,strengthening of disaster response capabilities,IFRC,CAT-56-01 イタリア赤十字社サマースクール(研修)への職員派遣について(センターからのお知らせ) Dispatching of a Japanese Red Cross hospital physician to a training program for nuclear and radiological preparedness organized by the Italian Red Cross (Information from Resource Center) IFRC IFRC IFRC IFRC 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 チェルノブイリ原発事故 日本語 1958*1358 1958*1358 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001030-00 写真 静止画資料 2015/06/23 2015/06/27