• 第3回赤十字原子力災害セミナーで基調講演を行う弘前大学被ばく医療総合研究所の床次教授(2014.10.3)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第3回赤十字原子力災害セミナーで基調講演を行う弘前大学被ばく医療総合研究所の床次教授(2014.10.3) Third Red Cross Nuclear Disaster Seminar: Prof. Tokonami, Radiation Physics Section of Institute of Radiation Emergency Medicine, Hirosaki University, giving a keynote lecture (2014/10/03) 第3回赤十字原子力災害セミナーは、いわき市に避難している浪江町民を対象とした健康支援調査を活動事例として、今後発生するかもしれない原子力災害に備えた中長期における健康支援と今後の課題について考えました。弘前大学被ばく医療総合研究所の床次眞司教授には、「福島原発事故に見る放射線被ばくの現状と課題」と題してご講演いただきました。 At the Third Red Cross Nuclear Disaster Seminar, the participants discussed mid- and long-term health assistance and future challenges by referring to a JRCS health consultation program for Namie people who evacuated to Iwaki-City as a case study. Prof. Tokonami, Radiation Physics Section of Institute of Radiation Emergency Medicine, Hirosaki University, gave a keynote lecture entitled "Current Situation and Issues on Radiation Exposure in Fukushima". 第3回赤十字原子力災害セミナーは、いわき市に避難している浪江町民を対象とした健康支援調査を活動事例として、今後発生するかもしれない原子力災害に備えた中長期における健康支援と今後の課題について考えました。弘前大学被ばく医療総合研究所の床次眞司教授には、「福島原発事故に見る放射線被ばくの現状と課題」と題してご講演いただきました。 At the Third Red Cross Nuclear Disaster Seminar, the participants discussed mid- and long-term health assistance and future challenges by referring to a JRCS health consultation program for Namie people who evacuated to Iwaki-City as a case study. Prof. Tokonami, Radiation Physics Section of Institute of Radiation Emergency Medicine, Hirosaki University, gave a keynote lecture entitled "Current Situation and Issues on Radiation Exposure in Fukushima". 原子力災害,放射線,風評被害,健康調査,地域再生,復興支援,CAT-55-03 nuclear disaster,radiation,harmful rumor,health survey,community rehabilitation,recovery assistance,CAT-55-03 第3回赤十字原子力災害セミナー開催報告 The Third Red Cross Nuclear Disaster Seminar 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 2848*4272 2848*4272 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001019-00 写真 静止画資料 東京都渋谷区 Shibuya, Tokyo 2014/10/03