• 第2回赤十字原子力災害セミナーで「避難所ゲーム」を行う参加者(2014.3.15)②
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第2回赤十字原子力災害セミナーで「避難所ゲーム」を行う参加者(2014.3.15)② Second Red Cross Nuclear Disaster Seminar: Participants playing an evacuation center game (2) (2014/03/15) 第2回赤十字原子力災害セミナーが、将来、原子力災害が再び起こった際に、自分が何をできるかを自ら考えることの大切さを若い人たちに学んでもらうことを目的に、高校生主導により行われました。参加者は、静岡県が開発した避難所の運営を疑似体験できるシミュレーションゲーム「避難所ゲーム」で、実際の避難所の運営について体験しました。 The Second Red Cross Nuclear Disaster Seminar was held for young people to learn the importance of thinking for themselves about what they can do if another nuclear disaster happens in the future. The seminar was led by high school students. The participants played an evacuation center simulation game which was developed by Shizuoka Prefecture. They had a mock experience of running an evacuation center. 第2回赤十字原子力災害セミナーが、将来、原子力災害が再び起こった際に、自分が何をできるかを自ら考えることの大切さを若い人たちに学んでもらうことを目的に、高校生主導により行われました。参加者は、静岡県が開発した避難所の運営を疑似体験できるシミュレーションゲーム「避難所ゲーム」で、実際の避難所の運営について体験しました。 The Second Red Cross Nuclear Disaster Seminar was held for young people to learn the importance of thinking for themselves about what they can do if another nuclear disaster happens in the future. The seminar was led by high school students. The participants played an evacuation center simulation game which was developed by Shizuoka Prefecture. They had a mock experience of running an evacuation center. 原子力災害,避難所ゲーム,非常食,わかりやすいプロジェクト,高校生,事前準備,災害対応能力強化,CAT-55-02 nuclear disaster,evacuation center game,emergency meal,The Simplest NAIIC,high school student,preparedness,strengthening of disaster response capabilities,CAT-55-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 日本語 3568*2368 3568*2368 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 001013-00 写真 静止画資料 東京都港区 Minato, Tokyo 2014/03/15