• 会津若松市長原仮設住宅で開催されたにこにこ健康教室(2014.3.18)②
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
会津若松市長原仮設住宅で開催されたにこにこ健康教室(2014.3.18)② Red Cross Health Class held at Nagahara Temporary Housing in Aizuwakamatsu City (2). (2014/03/18) 福島第一原発事故による長引く避難生活に起因する生活不活発病の予防や介護予防、環境の変化やコミュニティの崩壊による孤立・孤独を和らげるため、日赤福島県支部は「赤十字にこにこ健康教室」を開催しています。2014年3月18日には、会津若松市の長原仮設住宅で開催され、参加者は最後にエイエイオーと気合いを入れました。 In order to help to prevent disuse syndrome and need for nursing care or to alleviate isolation due to the changed environment and disrupted hometown communities, the Fukushima Chapter gives Red Cross Health Classes to the survivors. The class was held at Nagahara Temporary Housing in Aizuwakamatsu City on March 18, 2014. At the end of the class, the participants cheered to encourage themselves. 福島第一原発事故による長引く避難生活に起因する生活不活発病の予防や介護予防、環境の変化やコミュニティの崩壊による孤立・孤独を和らげるため、日赤福島県支部は「赤十字にこにこ健康教室」を開催しています。2014年3月18日には、会津若松市の長原仮設住宅で開催され、参加者は最後にエイエイオーと気合いを入れました。 In order to help to prevent disuse syndrome and need for nursing care or to alleviate isolation due to the changed environment and disrupted hometown communities, the Fukushima Chapter gives Red Cross Health Classes to the survivors. The class was held at Nagahara Temporary Housing in Aizuwakamatsu City on March 18, 2014. At the end of the class, the participants cheered to encourage themselves. 福島県支部,復興支援事業,海外救援金,CAT-53-02-01 Fukushima Chapter,recovery program,international donation,CAT-53-02-01 福島県支部の復興支援事業(企画展) Recovery assistance activities by the JRCS Fukushima Chapter (Special webpage) 赤十字にこにこ健康教室_福島県支部の復興支援事業 Red Cross Health Class_Recovery assistance activities by the Fukushima Chapter 赤十字にこにこ健康教室の開催事例(長原仮設住宅) Red Cross Health Class at Nagahara temporary housing 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 福祉サービス 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 915*605 915*605 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000870-00 写真 写真 福島県 会津若松市一箕町鶴賀苅林 Ikkimachitsuruga-karibayashi, Aizuwakamatsu, Fukushima 37.523069 139.952221 2014/03/18