• 浪江町民の話に耳を傾ける日赤の看護師と看護大学の学部長(2012.10.26)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
浪江町民の話に耳を傾ける日赤の看護師と看護大学の学部長(2012.10.26) A JRCS nurse and Dean of The Japanese Red Cross College of Nursing listening to an evacuee from Namie Town. (October 26, 2012) 日本赤十字社は、いわき市に避難している浪江町民約2,000人を対象に、日赤看護師による訪問健康調査を2012年10月より始めました。 In October 2012, the JRCS started the health consultation program by JRCS nurses for about 2,000 people evacuated from Namie to Iwaki . 日本赤十字社は、いわき市に避難している浪江町民約2,000人を対象に、日赤看護師による訪問健康調査を2012年10月より始めました。 In October 2012, the JRCS started the health consultation program by JRCS nurses for about 2,000 people evacuated from Namie to Iwaki . こころのケア,浪江町民健康調査,CAT-53-01-01 psychological care,health consultation for Namie people,CAT-53-01-01 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 福島第一原発事故 日本語 5184*3456 5184*3456 NDRC利用規約に準拠 000805-00 写真 静止画資料 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 2012/10/15 000649-04