• 保健師による定期指導へ橋渡しを~浪江町⺠健康調査
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
保健師による定期指導へ橋渡しを~浪江町⺠健康調査 JRCS program helped an evacuee to receive a regular advice for health by a public health nurse. -Health consultation program for people evacuated from Namie- 2015年11月24日~12月25日までの間、諏訪赤十字病院の山田春香看護師が活動に取り組みました。
訪問先のある女性との面談の中で、本人から「食事療法と体操などの運動を行いたい」という希望が出されたため、浪江町の保健師と連絡を取り、適切な食事・運動療法の定期的な指導へとつなげることができました。 From November 24, 2015 to December 25, 2015, Ms. Haruka Yamada, a nurse from the Japanese Red Cross Suwa Hospital was involved in the health consultation program. When she visited a woman and interviewed her, the woman talked about her wish to receive a dietary therapy and do exercises. Ms. Yamada contacted a public health nurse of Namie Town. This led to a regular appropriate advice on her diet and exercise. 2015年11月24日~12月25日までの間、諏訪赤十字病院の山田春香看護師が活動に取り組みました。
訪問先のある女性との面談の中で、本人から「食事療法と体操などの運動を行いたい」という希望が出されたため、浪江町の保健師と連絡を取り、適切な食事・運動療法の定期的な指導へとつなげることができました。 From November 24, 2015 to December 25, 2015, Ms. Haruka Yamada, a nurse from the Japanese Red Cross Suwa Hospital was involved in the health consultation program. When she visited a woman and interviewed her, the woman talked about her wish to receive a dietary therapy and do exercises. Ms. Yamada contacted a public health nurse of Namie Town. This led to a regular appropriate advice on her diet and exercise. 浪江町民健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,health consultation for Namie people,CAT-02-02 浪江町民健康調査活動(時系列ページ) JRCS Health Consultation Program for People Who Evacuated from Namie Town (Timeline webpage) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4,1pages Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000649-47 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima Namie, Fukushima 2015/11/24 00:00:00 2015/12/25 00:00:00 日本赤十字社