• Chapter 6. - IFRC programme on Nuclear and Radiological Emergencies - IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
Chapter 6. - IFRC programme on Nuclear and Radiological Emergencies - IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン Chapter 6. - Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines 国際赤十字・赤新月社連盟によって作成された、「原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン」に収録されている「Chapter 6.」のページです。 原子力緊急事態が発生時した場合の応急対応について説明しています。日頃から地域の特性を把握しておき、災害が発生した場合は素早い対応により赤十字の存在を示すことが重要です。各赤十字・赤新月社は、災害によるリスクアセスメントを行ってスタッフやボランティアのリスクに配慮しながら、被災者のニーズに沿って必要な支援を行える支援計画を作ることが大切です。 This content refers to Chapter 6 which is part of the Nuclear and Radiological Emergency Guidelines - Preparedness, Response and Recovery - developed by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Socieites. This chapter explains details of response in the event of a nuclear emergency. It is important to understand the characteristics of each community, including potential vulnerabilities and local capabilities, etc. on a daily basis. The Red Cross should be a visible presence immediately following an accident. RCRC Societies should prepare plans to provide necessary support for affected populations according to their needs while taking into account risks for their staff and volunteers through disaster risk assessment. 国際赤十字・赤新月社連盟によって作成された、「原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン」に収録されている「Chapter 6.」のページです。 原子力緊急事態が発生時した場合の応急対応について説明しています。日頃から地域の特性を把握しておき、災害が発生した場合は素早い対応により赤十字の存在を示すことが重要です。各赤十字・赤新月社は、災害によるリスクアセスメントを行ってスタッフやボランティアのリスクに配慮しながら、被災者のニーズに沿って必要な支援を行える支援計画を作ることが大切です。 This content refers to Chapter 6 which is part of the Nuclear and Radiological Emergency Guidelines - Preparedness, Response and Recovery - developed by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Socieites. This chapter explains details of response in the event of a nuclear emergency. It is important to understand the characteristics of each community, including potential vulnerabilities and local capabilities, etc. on a daily basis. The Red Cross should be a visible presence immediately following an accident. RCRC Societies should prepare plans to provide necessary support for affected populations according to their needs while taking into account risks for their staff and volunteers through disaster risk assessment. 原子力災害,福島第一原発事故,チェルノブイリ原発事故,ガイドライン,行動指針,救護活動,復興支援,日本赤十字社,国際赤十字・赤新月社連盟,CBRN,CAT-05-05 nuclear disaster,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Chernobyl Nuclear Power Plant accident,guidelines,code of conduct,relief activities,recovery assistance,Japanese Red Cross Society,International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies,CBRN,CAT-05-05 IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン(全文) IFRC Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines (All pages) 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,10ページ A4,10pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 000777-07 文書 文書データ