• Chapter 5. - IFRC programme on Nuclear and Radiological Emergencies - IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
Chapter 5. - IFRC programme on Nuclear and Radiological Emergencies - IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン Chapter 5. - Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines 国際赤十字・赤新月社連盟によって作成された、「原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン」に収録されている「Chapter 5.」のページです。 原子力緊急事態が発生した場合に備えるための事前対策について説明しています。原子力緊急事態に対する備えは、自然災害などを含む全ての大規模災害への備えの一部としてとらえるべきです。その上で、原子力災害特有の応急対応・復興支援や、被害を防いだり緩和したりするための対策が必要になります。事前準備においては、スタッフやボランティアの訓練や、救援物資・資機材の準備も考慮する必要があります。 This content refers to Chapter 5 which is part of the Nuclear and Radiological Emergency Guidelines - Preparedness, Response and Recovery - developed by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Socieites. This chapter describes preparedness for nuclear emergencies. Nuclear preparedness should be regarded as part of an all-hazard approach in which natural and other disasters are included. Based on this concept, additional response and recovery support unique to nuclear disasters as well as measures to prevent and reduce damage need to be prepared. For nuclear and radiological preparedness, the training of staff and volunteers in addition to preparations of relief supplies and equipment should be taken into consideration. 国際赤十字・赤新月社連盟によって作成された、「原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン」に収録されている「Chapter 5.」のページです。 原子力緊急事態が発生した場合に備えるための事前対策について説明しています。原子力緊急事態に対する備えは、自然災害などを含む全ての大規模災害への備えの一部としてとらえるべきです。その上で、原子力災害特有の応急対応・復興支援や、被害を防いだり緩和したりするための対策が必要になります。事前準備においては、スタッフやボランティアの訓練や、救援物資・資機材の準備も考慮する必要があります。 This content refers to Chapter 5 which is part of the Nuclear and Radiological Emergency Guidelines - Preparedness, Response and Recovery - developed by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Socieites. This chapter describes preparedness for nuclear emergencies. Nuclear preparedness should be regarded as part of an all-hazard approach in which natural and other disasters are included. Based on this concept, additional response and recovery support unique to nuclear disasters as well as measures to prevent and reduce damage need to be prepared. For nuclear and radiological preparedness, the training of staff and volunteers in addition to preparations of relief supplies and equipment should be taken into consideration. 原子力災害,福島第一原発事故,チェルノブイリ原発事故,ガイドライン,行動指針,救護活動,復興支援,日本赤十字社,国際赤十字・赤新月社連盟,CBRN,CAT-05-05 nuclear disaster,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Chernobyl Nuclear Power Plant accident,guidelines,code of conduct,relief activities,recovery assistance,Japanese Red Cross Society,International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies,CBRN,CAT-05-05 IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン(全文) IFRC Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines (All pages) 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,8ページ A4,8pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 000777-06 文書 文書データ