• Chapter 1. - IFRC programme on Nuclear and Radiological Emergencies - IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
Chapter 1. - IFRC programme on Nuclear and Radiological Emergencies - IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン Chapter 1. - Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines 国際赤十字・赤新月社連盟によって作成された、「原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン」に収録されている「Chapter 1.」のページです。ガイドラインを策定するに至った背景としては、2011年に福島第一原発事故が発生したその年の連盟総会において、国際赤十字運動における赤十字・赤新月各社や国際的な機関に原子力緊急事態への事前対策や対応において、より大きな役割を引き受けるよう促す決議の採択を行ったことがあります。連盟ガイドラインの目的は、国赤十字・赤新月各社において被災者救済のための対策や対応のプラン作りを支援することであり、そのために必要な情報についても盛り込んでいます。 This content refers to Chapter 1 which is part of the Nuclear and Radiological Emergency Guidelines - Preparedness, Response and Recovery - developed by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Socieites. The IFRC Guidelines were developed after the adoption of a resolution at the IFRC General Assembly in 2011, the same year of the Fukushima Daiichi accident. The resolution urged the national and international components of the Red Cross and Red Crescent Movement to take on a greater role in preparedness and response for radiological and nuclear emergencies. The purpose of the IFRC Guidelines is to support the RCRC Societies in preparing measures to help people affected by nuclear and radiological emergencies and response plans. The IFRC Guidelines also include information necessary to prepare such measures and plans. 国際赤十字・赤新月社連盟によって作成された、「原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン」に収録されている「Chapter 1.」のページです。ガイドラインを策定するに至った背景としては、2011年に福島第一原発事故が発生したその年の連盟総会において、国際赤十字運動における赤十字・赤新月各社や国際的な機関に原子力緊急事態への事前対策や対応において、より大きな役割を引き受けるよう促す決議の採択を行ったことがあります。連盟ガイドラインの目的は、国赤十字・赤新月各社において被災者救済のための対策や対応のプラン作りを支援することであり、そのために必要な情報についても盛り込んでいます。 This content refers to Chapter 1 which is part of the Nuclear and Radiological Emergency Guidelines - Preparedness, Response and Recovery - developed by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Socieites. The IFRC Guidelines were developed after the adoption of a resolution at the IFRC General Assembly in 2011, the same year of the Fukushima Daiichi accident. The resolution urged the national and international components of the Red Cross and Red Crescent Movement to take on a greater role in preparedness and response for radiological and nuclear emergencies. The purpose of the IFRC Guidelines is to support the RCRC Societies in preparing measures to help people affected by nuclear and radiological emergencies and response plans. The IFRC Guidelines also include information necessary to prepare such measures and plans. 原子力災害,福島第一原発事故,チェルノブイリ原発事故,ガイドライン,行動指針,救護活動,復興支援,日本赤十字社,国際赤十字・赤新月社連盟,CBRN,CAT-05-05 nuclear disaster,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Chernobyl Nuclear Power Plant accident,guidelines,code of conduct,relief activities,recovery assistance,Japanese Red Cross Society,International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies,CBRN,CAT-05-05 IFRC 原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドライン(全文) IFRC Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines (All pages) 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies 災害対応能力強化 予防 福島第一原発事故 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,4ページ A4,4pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federarion of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 000777-02 文書 文書データ