• 平成27年度 第1回緊急被ばく医療アドバイザー会議 プログラム
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
平成27年度 第1回緊急被ばく医療アドバイザー会議 プログラム Program of JRCS First Meeting of Radiation Emergency Medical Care Advisors (FY2015) 日本赤十字社が2015年7月22日~23日の日程で開催した、「平成27年度第1回日本赤十字社緊急被ばく医療アドバイザー会議」の会議プログラムです。会議には、各赤十字医療施設において「緊急被ばく医療アドバイザー」等に委嘱されている医師や診療放射線技師が参加し、日赤の原子力災害における救護体制の構築について話し合われました。 This content is about a program for the JRCS First Meeting of Radiation Emergency Medical Care Advisors (FY2015) which was organized by the JRCS and held on July 22 and 23, 2015. The attendees were physicians and radiological technologists who work at Japanese Red Cross hospitals and are assigned as radiation emergency medical care advisors by the JRCS. They discussed how the JRCS relief arrangements for a nuclear disaster should be. 日本赤十字社が2015年7月22日~23日の日程で開催した、「平成27年度第1回日本赤十字社緊急被ばく医療アドバイザー会議」の会議プログラムです。会議には、各赤十字医療施設において「緊急被ばく医療アドバイザー」等に委嘱されている医師や診療放射線技師が参加し、日赤の原子力災害における救護体制の構築について話し合われました。 This content is about a program for the JRCS First Meeting of Radiation Emergency Medical Care Advisors (FY2015) which was organized by the JRCS and held on July 22 and 23, 2015. The attendees were physicians and radiological technologists who work at Japanese Red Cross hospitals and are assigned as radiation emergency medical care advisors by the JRCS. They discussed how the JRCS relief arrangements for a nuclear disaster should be. 原子力災害,医療救護,緊急被ばく医療,救護班,放射線,防護,CAT-04-01 nuclear disaster,medical relief,radiation emergency medicine,relief team,radiation,protection,CAT-04-01 平成27年度 第1回日本赤十字社 緊急被ばく医療アドバイザー会議について(センターからのお知らせ) JRCS First Meeting of Radiation Emergency Medical Care Advisors (FY2015) (Information from Resource Center) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 災害対応能力強化 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4、1ページ A4, 1page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000774-00 文書 文書データ 東京都 港区 Minato-City Tokyo 2015/07/22 00:00:00 2015/07/23 00:00:00 000774-01