• 原子力災害における救護活動ガイドライン研究会を踏まえた今後の検討課題
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
原子力災害における救護活動ガイドライン研究会を踏まえた今後の検討課題 Challenges to be Considered Based on the Discussions at the ‘Guidelines for Red Cross Activities during Nuclear Disasters’ Committee 2015年3月31日、日本赤十字社は「原子力災害における救護活動ガイドライン」を制定しました。本資料は、このガイドラインにおいて、継続的に検討を行う必要がある課題について取りまとめたものです。今後、日赤社内外の関係組織・部署を交えて、これらの課題解決に向けての検討を行い、適宜ガイドラインの改定を行っていく予定です。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) enacted “Nuclear Disaster Guidelines for Preparedness, Response and Recovery” (Guidelines) on March 30, 2015. This content compiles some of the challenges which need to be continuously considered. The JRCS is planning to discuss and consider these challenges with related departments and organizations within and outside of the JRCS for solutions, and revise the guidelines accordingly. 2015年3月31日、日本赤十字社は「原子力災害における救護活動ガイドライン」を制定しました。本資料は、このガイドラインにおいて、継続的に検討を行う必要がある課題について取りまとめたものです。今後、日赤社内外の関係組織・部署を交えて、これらの課題解決に向けての検討を行い、適宜ガイドラインの改定を行っていく予定です。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) enacted “Nuclear Disaster Guidelines for Preparedness, Response and Recovery” (Guidelines) on March 30, 2015. This content compiles some of the challenges which need to be continuously considered. The JRCS is planning to discuss and consider these challenges with related departments and organizations within and outside of the JRCS for solutions, and revise the guidelines accordingly. 原子力災害,福島第一原発事故,ガイドライン,行動指針,救護活動,復興,支援,日本赤十字社,課題,CAT-04-04 nuclear disaster,Fukushima Daiichi accident,guidelines,course of action,relief activities,recovery,assistance,Japanese Red Cross Society,challenges,CAT-04-04 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 2015/03/31 医療支援 生活支援 福祉サービス 教育支援 災害対応能力強化 インフラ整備復興支援 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4、9ページ A4, 10pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000770-01 文書 文書データ 000770-00 000769-00