• 日々努力しながら前向きに歩む人びと~浪江町民健康調査
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
日々努力しながら前向きに歩む人びと~浪江町民健康調査 Survivors make efforts to live positively each day -Health consultation program for people evacuated from Namie- 2015年1月5日~3月27日までの間、前橋赤十字病院の慶野和則看護師が活動に取り組んだ。慶野看護師は2012年12月にも活動しており、今回は2回目の活動になる。
前回に比べて時間の経過とともに町民の生活が落ち着いてきたように見えたと感じた。「皆さん、毎日努力しながら、少しずつ状況を良くしようとしているのだと思う。」と語った。 From January 5 to March 27, 2015, Kazunori Keino, a nurse from the Maebashi Red Cross Hospital worked on the health consultation program. He worked in December, 1212 too and this is his second round on this program.
it seemed that the people’s lives became calm over time when compared to the previous round. Mr. Keino said, "I suppose that they make efforts every day to try to make things better, step by step.” 2015年1月5日~3月27日までの間、前橋赤十字病院の慶野和則看護師が活動に取り組んだ。慶野看護師は2012年12月にも活動しており、今回は2回目の活動になる。
前回に比べて時間の経過とともに町民の生活が落ち着いてきたように見えたと感じた。「皆さん、毎日努力しながら、少しずつ状況を良くしようとしているのだと思う。」と語った。 From January 5 to March 27, 2015, Kazunori Keino, a nurse from the Maebashi Red Cross Hospital worked on the health consultation program. He worked in December, 1212 too and this is his second round on this program.
it seemed that the people’s lives became calm over time when compared to the previous round. Mr. Keino said, "I suppose that they make efforts every day to try to make things better, step by step.” 浪江町民健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,health consultation for Namie people,CAT-02-02 浪江町民健康調査活動(時系列ページ) JRCS Health Consultation Program for People Who Evacuated from Namie Town (Timeline webpage) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000649-39 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima 2015/01/05 00:00:00 2015/03/27 00:00:00