• 放射線をいかに語るか (東京大学医学部附属病院 放射線科 放射線治療部門)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
放射線をいかに語るか (東京大学医学部附属病院 放射線科 放射線治療部門) Narrating the Risks of Radiation (Division of Radiotherapy, The Department of Radiology,The University of Tokyo Hospital) この冊子は、福島第一原発事故以降、放射線被ばくの健康リスクを地域住民に伝える活動を続けてきた3人の専門家へのインタビューをまとめたもの。3.11以前には、過酷事故が起こったときの対応の仕組みも手順も心の準備もほとんどなかった。そこで過酷事故に対してもう少しうまく対応する道はなかったのかを検討するために、このインタビューは企画された。3人はいずれも、どのような情報を、どのような形で提供すれば良いのかを、地域の住民の方々の目線に立って工夫を重ねてきた。 This book summarizes the interviews of the three experts who have been communicating with local residents in Fukushima after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident to explain the health risk of radiation exposure. Before 3.11, there were no mechanisms, procedures or even preparation of mind to respond to a severe accident. Therefore, in order to learn and study how to find the better ways to respond to a severe accident, these interviews were planned. The three experts have been thinking and trying to come up with ideas about what kind of information and how they should provide to the local residents by putting themselves in residents’ shoes. この冊子は、福島第一原発事故以降、放射線被ばくの健康リスクを地域住民に伝える活動を続けてきた3人の専門家へのインタビューをまとめたもの。3.11以前には、過酷事故が起こったときの対応の仕組みも手順も心の準備もほとんどなかった。そこで過酷事故に対してもう少しうまく対応する道はなかったのかを検討するために、このインタビューは企画された。3人はいずれも、どのような情報を、どのような形で提供すれば良いのかを、地域の住民の方々の目線に立って工夫を重ねてきた。 This book summarizes the interviews of the three experts who have been communicating with local residents in Fukushima after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident to explain the health risk of radiation exposure. Before 3.11, there were no mechanisms, procedures or even preparation of mind to respond to a severe accident. Therefore, in order to learn and study how to find the better ways to respond to a severe accident, these interviews were planned. The three experts have been thinking and trying to come up with ideas about what kind of information and how they should provide to the local residents by putting themselves in residents’ shoes. リスクコミュニケーション,放射線の健康への影響,ICRP,放射線Q&A,ホールボディーカウンター,内部被ばく,CAT-08-02 risk communication,health effect of radiation,ICRP,Q&A about radiation,whole body counter,internal exposure,CAT-08-02 原子力と地域住民のリスクコミュニケーションにおける 人文・社会・医科学による学際的研究 Division of Radiotherapy, The Department of Radiology, The University of Tokyo Hospital 東京大学医学部附属病院 放射線科 放射線治療部門 Division of Radiotherapy, The Department of Radiology, The University of Tokyo Hospital 生活支援 その他 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 128ページ 128pages 伴信彦、宮崎真、坪倉正治 Nobuhiko Ban, Makoto Miyazaki, Masaharu Tsubokura リンク先ページの利用規約に準拠 000766-00 文書 活動実績 - 福島支援 (東大病院放射線科 放射線治療部門) 参照元ページのURL: Japanese only (Division of Radiotherapy, The Department of Radiology, The University of Tokyo Hospital) Source: オンライン資料 福島県 Fukushima 福島県飯舘村 Iitate, Fukushima 福島県南相馬市 Minamisoma, Fukushima 000767-00