• 落ち着き始めた生活と寂しさ~浪江町民健康調査
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
落ち着き始めた生活と寂しさ~浪江町民健康調査 Life began to stabilize but people feel lonely -Health consultation program for people evacuated from Namie 2014年8月18日~11月14日までの間、前橋赤十字病院の大澤忠看護師が、10月14日~11月14日までの間、大阪赤十字病院の溝邉真由実看護師が活動に取り組んだ。
大澤看護師は前回の2012年12月以来の2回目の活動だった。「前回は皆さんのやり場のない怒りが、ひしひしと感じられた。でも今回は、現在の生活を主にして大事にしていこうという思いが感じられる。新たな仕事に就いて働いている人も多く、生活は少しずつ落ち着いてきている人もいる。」と語る。
溝邉看護師は、「いわき市での生活は落ち着いてきているが、心の中にある寂しさを穴埋めするのはなかなか難しいこと。そのために誰かと話すことが、町民の皆さんにとってとても重要。」と話す。
日赤がいわき市で暮らす浪江町民を対象にした取り組みを始めて、2年が過ぎた。これからも、健康調査や健康支援活動などに取り組んでいく予定である。 From August 18 to November 14, 2014, Tadashi Osawa, a nurse from the Maebashi Red Cross Hospital, and from October 14 to November 14, Mayumi Mizobe, a nurse from the Osaka Red Cross Hospital worked on the health consultation program.
This was Mr. Osawa’s second round for this program since December 2012. Mr. Oaswa says, “During my previous round, the survivors’ anger was strongly felt. However, this time, they are positive about their current situation and lives. Many of the people from Namie have found new jobs and their lives have been stabilized.”
Ms. Mizobe says, “Their lives in Iwaki have been stabilized. However, it is quite difficult for them to cope with their loneliness. It is very important for the people from Namie to have someone to talk to.”
Two years have passed since the JRCS began to work on the activities for the people from Namie who are living in Iwaki. The JRCS will continue this activity. 2014年8月18日~11月14日までの間、前橋赤十字病院の大澤忠看護師が、10月14日~11月14日までの間、大阪赤十字病院の溝邉真由実看護師が活動に取り組んだ。
大澤看護師は前回の2012年12月以来の2回目の活動だった。「前回は皆さんのやり場のない怒りが、ひしひしと感じられた。でも今回は、現在の生活を主にして大事にしていこうという思いが感じられる。新たな仕事に就いて働いている人も多く、生活は少しずつ落ち着いてきている人もいる。」と語る。
溝邉看護師は、「いわき市での生活は落ち着いてきているが、心の中にある寂しさを穴埋めするのはなかなか難しいこと。そのために誰かと話すことが、町民の皆さんにとってとても重要。」と話す。
日赤がいわき市で暮らす浪江町民を対象にした取り組みを始めて、2年が過ぎた。これからも、健康調査や健康支援活動などに取り組んでいく予定である。 From August 18 to November 14, 2014, Tadashi Osawa, a nurse from the Maebashi Red Cross Hospital, and from October 14 to November 14, Mayumi Mizobe, a nurse from the Osaka Red Cross Hospital worked on the health consultation program.
This was Mr. Osawa’s second round for this program since December 2012. Mr. Oaswa says, “During my previous round, the survivors’ anger was strongly felt. However, this time, they are positive about their current situation and lives. Many of the people from Namie have found new jobs and their lives have been stabilized.”
Ms. Mizobe says, “Their lives in Iwaki have been stabilized. However, it is quite difficult for them to cope with their loneliness. It is very important for the people from Namie to have someone to talk to.”
Two years have passed since the JRCS began to work on the activities for the people from Namie who are living in Iwaki. The JRCS will continue this activity. 浪江町民健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,health consultation for Namie people,CAT-02-02 浪江町民健康調査活動(時系列ページ) JRCS Health Consultation Program for People Who Evacuated from Namie Town (Timeline webpage) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000649-36 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima 2014/08/18 00:00:00 2014/11/14 00:00:00