• 震災から3年、渡辺福七さんのお話
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
震災から3年、渡辺福七さんのお話 Three years after the earthquake: Fukushichi Watanabe's Story 浪江町の住民の約2000名は、いわき市にて避難生活を送っている。その中の一人、渡辺さんは自宅にある白松の手入れに週に一回は浪江に戻っている。避難先での生活は順風満帆ではなく、奥さんが環境の変化のため入院するなど、大変だと語る。浪江町民の健康調査で日赤の中川直美看護師が渡辺さん夫婦を訪問した。中川看護師は、「浪江町の住民は、近所の住民に浪江から来たことを伏せて生活しており、大きなストレスを感じている。」と語った。渡辺さんは「浪江に家があっても放射線の影響で帰りたくても帰れない。政府からの保証金は、決して不当な特権を得ているわけではないと理解してもらおうとするが、時間がかかる。」と語っている。 About 2,000 people from Namie Town are living in Iwaki City under evacuation conditions. Mr. Watanabe, one of them, returns to Namie once a week to take care of white pine trees on his home premises. The life in the evacuation place is not necessarily easy, partly because his wife was hospitalized due to changes in the living environment. Ms. Naomi Nakagawa, a nurse from a Red Cross hospital, visited Mr. and Mrs. Watanabe for a health consultation program for people from Namie. Ms. Nakagawa says, "people from Namie are living in Iwaki by not telling their neighbors that they are from Namie, and that makes them live under stress." Mr. Watanabe says, "Our home is in Namie, but we can't return there because of the radiation effects. The compensations that we are receiving from the government are not unjust privileges. We try to get our neighbors understand that, but it will take time." 浪江町の住民の約2000名は、いわき市にて避難生活を送っている。その中の一人、渡辺さんは自宅にある白松の手入れに週に一回は浪江に戻っている。避難先での生活は順風満帆ではなく、奥さんが環境の変化のため入院するなど、大変だと語る。浪江町民の健康調査で日赤の中川直美看護師が渡辺さん夫婦を訪問した。中川看護師は、「浪江町の住民は、近所の住民に浪江から来たことを伏せて生活しており、大きなストレスを感じている。」と語った。渡辺さんは「浪江に家があっても放射線の影響で帰りたくても帰れない。政府からの保証金は、決して不当な特権を得ているわけではないと理解してもらおうとするが、時間がかかる。」と語っている。 About 2,000 people from Namie Town are living in Iwaki City under evacuation conditions. Mr. Watanabe, one of them, returns to Namie once a week to take care of white pine trees on his home premises. The life in the evacuation place is not necessarily easy, partly because his wife was hospitalized due to changes in the living environment. Ms. Naomi Nakagawa, a nurse from a Red Cross hospital, visited Mr. and Mrs. Watanabe for a health consultation program for people from Namie. Ms. Nakagawa says, "people from Namie are living in Iwaki by not telling their neighbors that they are from Namie, and that makes them live under stress." Mr. Watanabe says, "Our home is in Namie, but we can't return there because of the radiation effects. The compensations that we are receiving from the government are not unjust privileges. We try to get our neighbors understand that, but it will take time." 浪江町民健康調査,白松,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 health consultation for Namie people,white pine tree,Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,CAT-02-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 英語 A4,1ページ A4,1page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000715-00 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima