• 3年目の3.11 福島を訪ねて(4)
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
3年目の3.11 福島を訪ねて(4) Three years after ‘3.11’: Fukushima visit (4) 福島県沿岸部の新地町では、津波の被害で多くの住宅が流された。日本赤十字社では、海外救援金をもとに、被災高齢者住宅の建築を支援し、2013年11月に完成した。この住宅に住む竹沢さんは、「この住宅がなければ、仮設住宅を出て行くところがなかった。ここに住むようになってから快適な生活を送れるようになり、頼まれれば近所の農家に手伝いに行くようになった。」語った。 In Shinchi Town located along the Pacific coast, many houses were washed out by the tsunami. The JRCS supported building of public housing for affected elderly people and it was completed in November 2013. Ms. Takezawa who currently lives in the housing says, "Without this public housing, I could have nowhere to live after a temporary housing was closed. The living here gives me a comfortable life, and I work part-time when farmers in the neighborhood ask me for help." 福島県沿岸部の新地町では、津波の被害で多くの住宅が流された。日本赤十字社では、海外救援金をもとに、被災高齢者住宅の建築を支援し、2013年11月に完成した。この住宅に住む竹沢さんは、「この住宅がなければ、仮設住宅を出て行くところがなかった。ここに住むようになってから快適な生活を送れるようになり、頼まれれば近所の農家に手伝いに行くようになった。」語った。 In Shinchi Town located along the Pacific coast, many houses were washed out by the tsunami. The JRCS supported building of public housing for affected elderly people and it was completed in November 2013. Ms. Takezawa who currently lives in the housing says, "Without this public housing, I could have nowhere to live after a temporary housing was closed. The living here gives me a comfortable life, and I work part-time when farmers in the neighborhood ask me for help." 震災復興支援,海外救援金,福祉サービス,被災高齢者共同住宅,CAT-02-03 Recovery Programmes for Affected People,international donation,social welfare services,public housing for affected elderly people,CAT-02-03 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 福祉サービス 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 A4,1ページ A4,1page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000711-00 文書 文書データ 福島県新地町 Shinchi, Fukushima 000634-00