• 福島で原子力災害対策国際会議
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
福島で原子力災害対策国際会議 Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness in Fukushima 第3回目の原子力災害対策関係国赤十字社会議が、世界16カ国の参加者が福島市に集まり開催された。参加者は、地震・津波・原子力事故の被災地、被災者が住む応急仮設住宅などを訪れ、被災者の状況や復興の実情などを視察した。これらをもとに、原子力災害に対する備えや、原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドラインについて議論を行った。 The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness was held with participants gathering at Fukushima City from 16 countries. The participants visited the affected area by the earthquake, tsunami and nuclear accident, and temporary housing where affected people are living to seen current situation of affected people and reconstruction progress. The participants discussed on preparedness for nuclear disasters and Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines. 第3回目の原子力災害対策関係国赤十字社会議が、世界16カ国の参加者が福島市に集まり開催された。参加者は、地震・津波・原子力事故の被災地、被災者が住む応急仮設住宅などを訪れ、被災者の状況や復興の実情などを視察した。これらをもとに、原子力災害に対する備えや、原子力・放射線災害における事前対策および応急対応ガイドラインについて議論を行った。 The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness was held with participants gathering at Fukushima City from 16 countries. The participants visited the affected area by the earthquake, tsunami and nuclear accident, and temporary housing where affected people are living to seen current situation of affected people and reconstruction progress. The participants discussed on preparedness for nuclear disasters and Nuclear and Radiological Emergency Preparedness and Response Guidelines. IFRC,原子力災害対策,被災地,仮設住宅,ガイドライン,連盟総会決議,CAT-04-03 IFRC,radiological emergency preparedness,affected area,temporary housing,guidelines,resolution at the IFRC General Assembly,CAT-04-03 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 2014/12/01 災害対応能力強化 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 A4,1ページ A4,1page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000709-00 文書 文書データ 福島県福島市 Fukushima, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima 福島県相馬市 Soma, Fukushima 福島県伊達市 Date, Fukushima 2014/10/27 2014/10/30 000666-00