• 東日本大震災から2年:被災者の心理的ストレスが新たな課題
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災から2年:被災者の心理的ストレスが新たな課題 Two years on: New psychological stresses emerge amongst survivors of Japan’s triple disaster 東日本大震災から2年が経ちました。福島県では除染が計画通り進まず、避難住民の新たな不安となっています。日本赤十字社では、原子力災害に対応するため情報センターを設ける計画を建てています。また、浪江町民の健康調査を行なっています。 Two years have passed since the Great East Japan Earthquake and Tsunami. In Fukushima, decontamination has not been carried out as planned. This adds to concerns of the affected people. The Japanese Red Cross Society (JRCS) plans to open a nuclear disaster resource center to prepare for nuclear disasters. The JRCS also provides health consultation for people evacuated from Namie Town. 東日本大震災から2年が経ちました。福島県では除染が計画通り進まず、避難住民の新たな不安となっています。日本赤十字社では、原子力災害に対応するため情報センターを設ける計画を建てています。また、浪江町民の健康調査を行なっています。 Two years have passed since the Great East Japan Earthquake and Tsunami. In Fukushima, decontamination has not been carried out as planned. This adds to concerns of the affected people. The Japanese Red Cross Society (JRCS) plans to open a nuclear disaster resource center to prepare for nuclear disasters. The JRCS also provides health consultation for people evacuated from Namie Town. 東日本大震災,福島第一原発事故,原子力災害情報センター,浪江町民健康調査,CAT-02-07 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,Nuclear Disaster Resource Center,health consultation for people evacuated from Namie,CAT-02-07 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 教育支援 復興 福島第一原発事故 英語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000704-00 文書 文書データ 2013/03 000410-00