• 東日本大震災1年:福島に希望を見い出す
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災1年:福島に希望を見い出す Japan One Year: Diary 5Finding hope in Fukushima. 原発の町に生まれ育ち、「原発は安全」と教えられてきた人たちが、今、福島第一原発事故により、避難生活を強いられている。生活家電セットなどにより基本的な生活環境は整っているが、生まれ故郷の生活は失われた。地元のソーシャルワーカーは、福島の人たちの状況を国際社会に伝える必要があると熱望している。 People who grew up in towns located close to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant were forced to evacuate their hometowns. Their basic living environment is now in place because of provision of household electric appliances and others, but the lives that they used to live in their hometowns have gone. A local social worker stresses necessity of conveying the current circumstances of Fukushima citizens to the international community. 原発の町に生まれ育ち、「原発は安全」と教えられてきた人たちが、今、福島第一原発事故により、避難生活を強いられている。生活家電セットなどにより基本的な生活環境は整っているが、生まれ故郷の生活は失われた。地元のソーシャルワーカーは、福島の人たちの状況を国際社会に伝える必要があると熱望している。 People who grew up in towns located close to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant were forced to evacuate their hometowns. Their basic living environment is now in place because of provision of household electric appliances and others, but the lives that they used to live in their hometowns have gone. A local social worker stresses necessity of conveying the current circumstances of Fukushima citizens to the international community. 東日本大震災,福島第一原発事故,仮設住宅,一時帰宅,CAT-02-07 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,temporary housing,temporary home visit,CAT-02-07 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 災害対応能力強化 復旧 福島第一原発事故 英語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000697-00 文書 文書データ 2012/02 000403-00