• 東日本大震災6か月:よみがえる記憶と将来への不安
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災6か月:よみがえる記憶と将来への不安 Six months on: Memories and an uncertain future- Japan Diary 1 By Francis Markus in Yabuki, Fukushima Prefecture- 福島原発事故に伴って立ち入り禁止区域に指定された浪江町から避難してきた女性とその家族へのインタビュー。応急仮設住宅に住み、日本赤十字から提供された義援金や生活家電セットにより、必要最小限の生活は維持できているものの、将来に対する不安に直面している。 An interview article with a woman and her family members who evacuated an area affected by the Fukushima Nuclear Power Plant accident. They live in temporary housing and receive cash grants and electric home appliances from the Japanese Red Cross Society. They can live a life at a minimum level. Still, they face an uncertain future. 福島原発事故に伴って立ち入り禁止区域に指定された浪江町から避難してきた女性とその家族へのインタビュー。応急仮設住宅に住み、日本赤十字から提供された義援金や生活家電セットにより、必要最小限の生活は維持できているものの、将来に対する不安に直面している。 An interview article with a woman and her family members who evacuated an area affected by the Fukushima Nuclear Power Plant accident. They live in temporary housing and receive cash grants and electric home appliances from the Japanese Red Cross Society. They can live a life at a minimum level. Still, they face an uncertain future. 福島第一原発事故,原子力災害,生活家電セット,仮設住宅,赤十字ボランティア,CAT-02-02 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,nuclear disaster,household electric appliances set,temporary housing,Red Cross volunteers,CAT-02-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 応急対策(1か月~6か月) 東日本大震災 福島第一原発事故 英語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000693-00 文書 文書データ 2011/09 000399-00