• これからも大好きな給食が食べられるよ!~福島県大熊町に給食運搬車を贈呈~
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
これからも大好きな給食が食べられるよ!~福島県大熊町に給食運搬車を贈呈~ "We can have warm school meals!” - JRCS provided Okuma Town with a school meal delivery truck 日本赤十字社(日赤)は、2012年1月に福島県大熊町に対して給食運搬車を贈呈しました。大熊町は、福島第一原発事故の影響により、現在福島県会津若松市に仮役場を設置し、同市で町立学校を運営しています。温かい食事を提供したいという思いから学校給食を水平に運ぶことができる専用車を贈呈することになりました。 The Japanese Red Cross Society provided a school meal delivery truck to Municipality of Okuma in January 2012. The Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident forced Okuma to move their municipal office function to Aizuwakamatsu City as well as their public schools. The municipality hoped to serve hot school meals for children and the JRCS provided a truck dedicated to carrying meals to schools from central kitchens. 日本赤十字社(日赤)は、2012年1月に福島県大熊町に対して給食運搬車を贈呈しました。大熊町は、福島第一原発事故の影響により、現在福島県会津若松市に仮役場を設置し、同市で町立学校を運営しています。温かい食事を提供したいという思いから学校給食を水平に運ぶことができる専用車を贈呈することになりました。 The Japanese Red Cross Society provided a school meal delivery truck to Municipality of Okuma in January 2012. The Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident forced Okuma to move their municipal office function to Aizuwakamatsu City as well as their public schools. The municipality hoped to serve hot school meals for children and the JRCS provided a truck dedicated to carrying meals to schools from central kitchens. 給食運搬車,大熊町,キッズプロジェクト,教育支援,CAT-02-04 school meal delivery truck,Okuma,Kids Project,educational support,CAT-02-04 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 教育支援 復興 福島第一原発事故 日本語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000676-00 文書 文書データ 福島県 大熊町 Okuma,fukushima 37.404445 140.983601 2012/01/10 000281-00