• 福島県の福祉施設に「介護用ベッド」を寄贈~介護が必要な被災者を支えるために ~
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
福島県の福祉施設に「介護用ベッド」を寄贈~介護が必要な被災者を支えるために ~ JRCS provided nursing beds to social welfare facilities in Fukushima. 日本赤十字社 (以下’日赤’) は、2011年8月に県内の23の社会福祉施設に96台の介護用ベッドを寄贈した。これら施設では、津波や福島第一原発事故により、自宅や元の社会福祉施設で介護を受けることが出来なくなった方々を、定員を超えて受け入れているためである。そこで、こうした方々が安心して十分なサービスを受けられるよう、介護用ベッドの支援を行った。 In August 2011, the Japanese Red Cross Society (JRCS) provided 96 nursing beds to 23 social welfare facilities in Fukushima Prefecture. After the Fukushima Nuclear Power Plant accident, these facilities accepted people requiring care who evacuated from their homes or social welfare facilities where they had lived beyond their capacity. The JRCS provided the beds to allow those evacuees to receive sufficient care services reassured. 日本赤十字社 (以下’日赤’) は、2011年8月に県内の23の社会福祉施設に96台の介護用ベッドを寄贈した。これら施設では、津波や福島第一原発事故により、自宅や元の社会福祉施設で介護を受けることが出来なくなった方々を、定員を超えて受け入れているためである。そこで、こうした方々が安心して十分なサービスを受けられるよう、介護用ベッドの支援を行った。 In August 2011, the Japanese Red Cross Society (JRCS) provided 96 nursing beds to 23 social welfare facilities in Fukushima Prefecture. After the Fukushima Nuclear Power Plant accident, these facilities accepted people requiring care who evacuated from their homes or social welfare facilities where they had lived beyond their capacity. The JRCS provided the beds to allow those evacuees to receive sufficient care services reassured. 介護用ベッド,福島第一原発事故,福祉サービス,CAT-02-03 nursing bed,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,social welfare service,CAT-02-03 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 福祉サービス 復旧 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 A4,2ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000670-00 文書 文書データ 福島県 福島市 fukushima,fukushima 37.760832 140.474729 2011/08/02 000275-00