• 話を聞くことが「こころのケア」に~浪江町民健康調査
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
話を聞くことが「こころのケア」に~浪江町民健康調査 Listening leads to psychological care -Health consultation program for people evacuated from Namie- 2014年8月18日から9月11日までの間、成田赤十字病院の高柴律子看護師が活動に取り組んだ。住民から「愚痴を聞いてくれてありがとう」「たくさん話ができて気分転換になりました」などの言葉をかけてもらうことがあり、「日赤の活動が住民のこころのケアにつながっている」と感じるという。 From August 18 to September 16, 2014, Ritsuko Takashiba, a nurse from the Narita Red Cross Hospital, worked on the health consultation program. Some of them showed appreciation by saying: “Thank you for listening to my complaints,” or “I was able to refresh myself by talking a lot.” She felt that the JRCS activities lead to psychological care for the people. 2014年8月18日から9月11日までの間、成田赤十字病院の高柴律子看護師が活動に取り組んだ。住民から「愚痴を聞いてくれてありがとう」「たくさん話ができて気分転換になりました」などの言葉をかけてもらうことがあり、「日赤の活動が住民のこころのケアにつながっている」と感じるという。 From August 18 to September 16, 2014, Ritsuko Takashiba, a nurse from the Narita Red Cross Hospital, worked on the health consultation program. Some of them showed appreciation by saying: “Thank you for listening to my complaints,” or “I was able to refresh myself by talking a lot.” She felt that the JRCS activities lead to psychological care for the people. 浪江町民健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,health consultation for Namie people,CAT-02-02 浪江町民健康調査活動(時系列ページ) JRCS Health Consultation Program for People Who Evacuated from Namie Town (Timeline webpage) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4,2pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000649-34 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima 2014/08/18 00:00:00 2014/09/11 00:00:00