• 第3回関係国会議 伴先生によるプレゼンテーション抄録
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第3回関係国会議 伴先生によるプレゼンテーション抄録 The Third Reference Group Meeting - Summary of the presentation by Dr. Ban ICRPの委員である伴信彦先生より、放射線からの人の健康の防護に関するICRP勧告の目的について説明いただくとともに、放射線被ばく状況下での管理基準についても詳しく解説していただきました。また、原発事故後福島県で開催されている対話型セミナーの紹介を通して、被災者にとっての復旧とは何かについてお話いただきました。 At the 3rd Reference Group Meeting, Dr. Ban who is the member of ICRP made presentation. Dr. Ban explained about the aim of the ICRP Recommendations for radiological protection as well as about the management of doses under radiological exposure situations. Dr. Ban also introduced Dialogue Seminars which have been held in Fukushima after the accident, and talked about what is the "Recovery" for the affected people. ICRPの委員である伴信彦先生より、放射線からの人の健康の防護に関するICRP勧告の目的について説明いただくとともに、放射線被ばく状況下での管理基準についても詳しく解説していただきました。また、原発事故後福島県で開催されている対話型セミナーの紹介を通して、被災者にとっての復旧とは何かについてお話いただきました。 At the 3rd Reference Group Meeting, Dr. Ban who is the member of ICRP made presentation. Dr. Ban explained about the aim of the ICRP Recommendations for radiological protection as well as about the management of doses under radiological exposure situations. Dr. Ban also introduced Dialogue Seminars which have been held in Fukushima after the accident, and talked about what is the "Recovery" for the affected people. IFRC,ICPR,ICRP勧告,確定的影響,確率的影響,線量限度,防護原理,被ばく状況,ダイアログセミナー,復旧,CAT-04-03,CAT-05-02 IFRC,ICRP,ICRP Recommendations,deterministic effects,stochastic effects,exposure situation,dialogue seminar,recovery,CAT-04-03,CAT-05-02 第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議(第3回関係国会議)(企画展) The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness (The Third Reference Group Meeting) (Special webpage) 基調講演_第3回関係国会議 Keynote Presentations_The Third Reference Group Meeting 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 災害対応能力強化 その他 予防 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,3ページ A4,3 pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000666-11 文書 文書データ 福島県福島市 Fukushima, Fukushima 2014/10/30