• 第3回関係国会議 渡部副院長によるプレゼンテーション
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第3回関係国会議 渡部副院長によるプレゼンテーション The Third Reference Group Meeting - Presentation by Dr. Watanabe 赤十字病院の渡部副院長より、当時原発事故を想定した行動基準がなかったことや、必要な知識や機材がなかったことが原因で、原発事故発生後には福島赤十字病院を除いては、日赤の救護班は一時的に県外に活動先を移動するか引き上げたことが課題として残ったこと、このため日赤では、原子力災害に備えるための活動を行っていることを紹介しました。 Dr. Watanabe explained that after the nuclear accident all JRCS relief teams except one from the Fukushima Red Cross hospital went outside of Fukushima prefecture or withdrew to their hospitals. This was because there was no code of conduct under the nuclear disaster circumstances and the lack of necessary knowledge or equipment at that time. Therefore JRCS has been doing activities to prepare for nuclear disasters. 赤十字病院の渡部副院長より、当時原発事故を想定した行動基準がなかったことや、必要な知識や機材がなかったことが原因で、原発事故発生後には福島赤十字病院を除いては、日赤の救護班は一時的に県外に活動先を移動するか引き上げたことが課題として残ったこと、このため日赤では、原子力災害に備えるための活動を行っていることを紹介しました。 Dr. Watanabe explained that after the nuclear accident all JRCS relief teams except one from the Fukushima Red Cross hospital went outside of Fukushima prefecture or withdrew to their hospitals. This was because there was no code of conduct under the nuclear disaster circumstances and the lack of necessary knowledge or equipment at that time. Therefore JRCS has been doing activities to prepare for nuclear disasters. 福島赤十字病院,DMAT,救護班,一時帰宅,ホールボディーカウンター,ガイドライン,CAT-04-03,CAT-05-02 Fukushima Red Cross Hospital,DMAT,relief team,brief visit to home,whole body counter,guidelines,CAT-04-03,CAT-05-02 第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議(第3回関係国会議)(企画展) The Third Reference Group Meeting on Nuclear & Radiological Emergency Preparedness (The Third Reference Group Meeting) (Special webpage) 視察1日目_第3回関係国会議 Day 1: Field Trip in Fukushima_The Third Reference Group Meeting 福島赤十字病院 Fukushima Red Cross Hospital 福島赤十字病院 Fukushima Red Cross Hospital 医療支援 生活支援 災害対応能力強化 その他 予防 応急対策 復旧 復興 福島第一原発事故 英語 A4,41ページ A4,41 pages 福島赤十字病院 Fukushima Red Cross Hospital NDRC利用規約に準拠 000666-05 文書 文書データ 福島県福島市 Fukushima, Fukushima 2014/10/27