• 第3回赤十字原子力災害セミナー_福島原発事故に見る放射線被ばくの現状と課題
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
第3回赤十字原子力災害セミナー_福島原発事故に見る放射線被ばくの現状と課題 The Third Red Cross Nuclear Disaster Seminar: Current Status and Issues of Radiation Exposure due to the Fukushima Nuclear Power Plant Accident 2014年10月3日に開催の第3回赤十字原子力災害セミナーでの、弘前大学被ばく医療総合研究所の床次(とこなみ)教授による講演の資料。福島原発事故における放射線被ばくの現状や課題について解説している。今後の原子力災害発生時の備えを考える際の参考となる情報である。 The presentation by Dr. Shinji Tokonami, the professor of Radiation Emergency Medicine General Research Center in Hirosaki University, at the third Red Cross Nuclear Disaster seminar held on Oct. 3, 2014. The current status and issues of radiation exposure due to the Fukushima Nuclear Power Plant Accident are described. This will be the reference information when considering the features of a nuclear disaster in the future. 2014年10月3日に開催の第3回赤十字原子力災害セミナーでの、弘前大学被ばく医療総合研究所の床次(とこなみ)教授による講演の資料。福島原発事故における放射線被ばくの現状や課題について解説している。今後の原子力災害発生時の備えを考える際の参考となる情報である。 The presentation by Dr. Shinji Tokonami, the professor of Radiation Emergency Medicine General Research Center in Hirosaki University, at the third Red Cross Nuclear Disaster seminar held on Oct. 3, 2014. The current status and issues of radiation exposure due to the Fukushima Nuclear Power Plant Accident are described. This will be the reference information when considering the features of a nuclear disaster in the future. 弘前大学,赤十字原子力災害セミナー,放射線被ばく,身体汚染スクリーニング,空間線量率,内部被ばく,甲状腺調査,放射性物質,CAT-04-05 Hirosaki University,Red Cross Nuclear Disaster Seminar,radiation exposure,body contamination screening,air dose rate,internal radiation exposure,thyroid screening,radioactive substances,CAT-04-05 第3回赤十字原子力災害セミナー開催報告 The Third Red Cross Nuclear Disaster Seminar 弘前大学教授 床次眞司 Shinji Tokonami, Professor of the Hirosaki University 弘前大学 Hirosaki University 2014/10/03 医療支援 生活支援 応急対策 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 チェルノブイリ原発事故 日本語 A4,60ページ A4,60pages 弘前大学 Hirosaki University NDRC利用規約に準拠 000665-00 文書 文書データ 福島県 Fukushima Prefecture 青森県弘前市 Hirosaki, Aomori 2011/03/13