• 東日本大震災オペレーションアップデートNo.15
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災オペレーションアップデートNo.15 Great East Japan Earthquake and Tsunami Operations Update No.15 2014年1月1日から3月31日までの日赤の被災者支援の活動について説明しています。
この期間中に震災から3年を迎えました。3月末までに寄せられた海外救援金は600億円に達しました。海外救援金は、日赤の救護活動や復興支援活動など、被災者を支援する事業に使われてきました。救援金を寄せてくれた海外の支援者に対する感謝の気持ちを表し、日赤の活動を広く一般の方に紹介するため、全社をあげてキャンペーンが行われました。
被災した地域、特に最も被害が大きかった3県では、心理社会的支援を行うためのイベントが多く開催されています。
原子力災害情報センターにおいては、アーカイブのコンテンツを増やしたり、第2回目の赤十字原子力災害セミナーの開催、赤十字活動ガイドライン(仮称)の策定のための検討開始など、活発に活動を展開しています。 This report explains the JRCS activities conducted from January 1, 2014 to March 31, 2014. During this period of time, three years have passed since the earthquake and tsunami. As of the end of March 2014, the international donations given to the JRCS reached 60 billion yen. The international donations have been used for JRCS relief activities and recovery assistance to support the survivors. To express gratitude to the donors overseas and introduce the JRCS activities to the public, the JRCS held a major campaign. In the most damaged three affected prefectures, many events for psychosocial support have been held. The Red Cross Nuclear Disaster Resource Center is actively involved in its activities. For example, it is containing more pieces of content in its Digital Archives, held the Second Red Cross Nuclear Disaster Seminar and began to consider the Red Cross nuclear disaster guidelines. 2014年1月1日から3月31日までの日赤の被災者支援の活動について説明しています。
この期間中に震災から3年を迎えました。3月末までに寄せられた海外救援金は600億円に達しました。海外救援金は、日赤の救護活動や復興支援活動など、被災者を支援する事業に使われてきました。救援金を寄せてくれた海外の支援者に対する感謝の気持ちを表し、日赤の活動を広く一般の方に紹介するため、全社をあげてキャンペーンが行われました。
被災した地域、特に最も被害が大きかった3県では、心理社会的支援を行うためのイベントが多く開催されています。
原子力災害情報センターにおいては、アーカイブのコンテンツを増やしたり、第2回目の赤十字原子力災害セミナーの開催、赤十字活動ガイドライン(仮称)の策定のための検討開始など、活発に活動を展開しています。 This report explains the JRCS activities conducted from January 1, 2014 to March 31, 2014. During this period of time, three years have passed since the earthquake and tsunami. As of the end of March 2014, the international donations given to the JRCS reached 60 billion yen. The international donations have been used for JRCS relief activities and recovery assistance to support the survivors. To express gratitude to the donors overseas and introduce the JRCS activities to the public, the JRCS held a major campaign. In the most damaged three affected prefectures, many events for psychosocial support have been held. The Red Cross Nuclear Disaster Resource Center is actively involved in its activities. For example, it is containing more pieces of content in its Digital Archives, held the Second Red Cross Nuclear Disaster Seminar and began to consider the Red Cross nuclear disaster guidelines. 東日本大震災,震災から3年,海外救援金,復興支援,心理社会的支援,原子力災害情報センター,デジタルアーカイブ,原子力災害セミナー,ガイドライン,CAT-05-01,CAT-02-01,CAT-04-03 Great East Japan Earthquake and Tsunami,3 years after the disaster,international donation,recovery programme,psychosocial support,Nuclear Disaster Resource Center,Digital Archives,Nuclear Disaster Seminar,Guidelines,CAT-05-01,CAT-02-01,CAT-04-03 東日本大震災オペレーションアップデートのリスト List of the Great East Japan Earthquake and Tsunami Operations Update Reports 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 2014/06/04 医療支援 生活支援 福祉サービス 教育支援 災害対応能力強化 予防 復興 東日本大震災 福島第一原発事故 英語 A4,33ページ A4,33 pages 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000660-00 文書 文書データ 岩手県 Iwate 宮城県 Miyagi 福島県 Fukushima 2014/01/01 2014/03/31